ついに100円を突破!材料は何?

今日の話題は何と言ってもドル・円の100円突破です。




(マーケット・ウォッチ: 円が4年ぶりに100円を超えたことを伝える見出し)



レジスタンスラインを突破して、更に100円をブレイクしたのはニューヨーク時間の午後2時少し前ですから、日本時間の午前3時頃になります。(ドル・円の1分足チャート)

報道では、今朝発表された新規失業保険申請者数が好結果だったのがドル買いにむすびついた、ということですが下のチャートを見てください。(5分足)



新規失業保険申請者数が発表されたのは1です。たしかに跳ね上がっていますが、よく見ると上ヒゲが目立ち、強い陽線という訳ではありません。円で囲った部分ですが、ドル・円は3時間半におよぶ横ばいです。そして午後2時前(2)、大陽線を形成してブレイクアウトになる訳ですが、これも新規失業保険申請者数が買い材料でしょうか?


チャート:ECONODAY 

上のチャートには、新規失業保険申請者数の推移が示されています。茶色の線は4週間移動平均線です。下げ方向で分かるように、新規失業保険を申請する人たちの数は減少が続いていますから、今朝のニュースがさほど大きなドル買い材料になるとは思われません。という訳で、大橋ひろこ氏のツイートにあるように、これといった買い材料が見つかりません。




さて、ドル高に動いたことで、さっそく金が売られました。



100円突破で、一番面白かったのはこのツイートです。



「量的緩和政策部門でオスカー賞を受賞となった黒田総裁は、受賞スピーチの準備が出来ていることを期待します。」


(参照した記事:Dollar soars above 100 yen after jobless data

コメント