天秤座と交通事故、異性と交通事故、夏と交通事故

最初は冗談で始めた調査のようだが、トロントの保険会社の調べによると、交通事故を最も起こすのは天秤座生まれの人たちだ。

意味のある結果が得られるとは思っていませんでした。しかし調査で分かったことは、交通事故をおこしやすい星座、交通違反の多い星座が明らかに存在することが分かりました。車の運転では、瞬時の判断が時々必要となりますが、天秤座生まれの人はそれが欠けているようです。-- リー・ロマノフ氏(InsuranceHotline.com社長)

職業別に見た場合は、交通事故を起こす確率が最も高いのは弁護士だ。Insurance.comの調べによると、「交通事故を起こしたことがありますか」という質問に対して、44%の弁護士が「イエス」と回答している。弁護士の次に交通事故が多いのは金融業界に従事する人たちだ。

子どもと一緒のドライブも危険だ。オーストラリアでの調べだが、子どもと一緒のドライブは、携帯電話を使いながらの運転より12倍危険という結果が出ている。小さな子どもが車内にいる場合、運転している親は、計16分間の運転中3分22秒を子どものために使っている。言い換えると、16分間中の3分22秒は道路を全く見ていない。

運転中に目につく看板や広告も事故の原因となる。

アルバータ大学の調査によると、運転速度は看板や広告の種類に大きく影響されることが分かった。

看板に「虐待」、「ストレス」、「監獄」、「戦争」などのネガティブな言葉が入っていると、運転手は車のスピードを下げ車線からそれてしまう傾向がある。その反対にポジティブな言葉、例えば「現金」、「名声」、「セックス」、「勝利」などの単語が看板に入っていると運転速度は上昇する。実験には「ポジティブ」、「ネガティブ」、そして「ニュートラル」な言葉の入った3種類計20の看板が用意された。ミシェル・チャン氏(アルバータ大学)は、「感情的な言葉の入った看板は、明らかに運転の妨げになる」、と語っている。

運転中、特に男性の場合、異性に気を取られることは危険だ。

異性に見とれすぎが原因で、英国では毎年100万件近い衝突事故が起きている。調査によると、人々が薄着になる夏に事故が多い。更に意見調査によると、60%の男性が魅力的な女性が運転の妨げになると回答し、12%の女性がハンサムな男性が運転の妨げになると答えている。(セクシーな看板も事故の原因となる。)

実は、私の友人も歩道を歩くセクシーな女性に見とれて衝突事故を起こしたことがある。路上に駐車されていた車に気が付かず、後ろからぶつけてしまった訳だが、幸いケガ人はなかった。考えてみると、事故が起きたのは夏だった。(後日、友人は女性を見ていたのではなく、車内を飛ぶハエに気を取られたのが原因、とストーリーを変えている。)





(参照した記事:11 Things That Make You a Bad Driver

The ads that rev up drivers: 'Emotional' billboards can dramatically affect your speed

Top 10 worst drivers by profession

The Worst Drivers Have This Zodiac Sign

Eyes on the road! Ogling drivers cause nearly one million crashes every year

コメント