今回も米国株式市場はユーロ/円を追う??

こういうチャートを見つけた。




Pragmatic Capitalismというサイトに掲載されていたものだが、上の折れ線はユーロ/円、そして下の折れ線がS&P500指数だ。数字は私が入れたものだが、話を要約するとこうなる。

・ 先ず、チャートをパッと見て言えることは、ユーロ/円とS&P500指数の動きは、とてもよく似ている。
・ 興味深いのは、両者の動きが一致しない場合、ユーロ/円が先に動きS&P500指数がユーロ/円を追従する傾向がある。
・ 1の場合: ユーロ/円は下げ始めていたが、S&P500指数は上げ方向だった。結果は、S&P500指数はユーロ/円を追って調整した。
・ 2の場合: これも1と同様に、S&P500指数はユーロ/円を追って下落となった。
・ 3の場合: ユーロ/円は上げ方向、しかしS&P500指数は下げ方向。結果は、ユーロ/円が先導する形となり、S&P500指数は一転して上昇の開始となった。
・ 4の場合: ユーロ/円は下げ、S&P500指数は上げ。2月5日にユーロ/円はピークとなり、そして3カ月間におよぶ上昇するトレンドラインを割った。S&P500指数も下落となったが、現在回復ラリーが展開されている。もちろん100%の保証は無いが、過去の例から判断すると、現在進行中のS&P500指数のラリーは長続きしない可能性がある。


(参照したサイト:The Euro/Yen Cross Rate

コメント