最悪な休暇 -- トイレが使えない?

正に惨憺たる旅行だ。しかし言い換えれば、これは一生忘れることができない思い出になるだろう。

火災で航行不能のクルーズ船、トイレがあふれ食料配布でトラブルも
(CNN) 乗客乗員4200人あまりを乗せたクルーズ船「カーニバル・トライアンフ」が、メキシコ湾を航行中に火災を起こして航行不能になった事故で、運航会社のカーニバル・クルーズラインは13日、同船がアラバマ州モービルの港に曳航されると発表した。
だが船内の状況は混乱しているようだ。ある乗客の家族によれば、乗客は食料などをもらうための行列に最大で4時間も並ぶ羽目になったほか、早い者勝ちで配布が行われたため、列の最後尾にいた人はパンと調味料しかもらえなかったという。乗客の間では配布をめぐって口論も起きた。
また、トイレは一部しか機能せず、待ちきれない人は医療用ゴミ袋を使って用を足しているという。
乗客らによれば停電によって船の排水システムが動かなくなり、下水が廊下や客室にあふれ出す状態に。空調設備も動かなくなり、乗客は涼しい空気を求めてデッキに出ているという。

正に汚物で溢れた豪華船だ。さて昨日になるが、カーニバル・クルーズ・ラインは、こういうツイートをしている。

「乗客が心地良く帰港できるよう賢明に尽くした当社のクルーを誇りに思う。」

こんな状況で働いたクルーの皆さん、さぞ大変だったことだろう。

このニュースで株価は下がっただろうか?下はカーニバル・コーポレーションの日足チャートだ。



Aの陰線で分かるように、このニュースは確かに売り材料となった。しかし全体的に言えることは、株価は上昇する200日移動平均線の上で横ばいが続いている。

それでは、この事故で競争相手の株価は上がっただろうか?ロイヤル・カリビアン・クルーズの日足チャートを見てみよう。



1で分かるように、ニュースが報道された日、この株も下げた。株価は下降するチャンネル内で推移している。株価を200日移動平均線からの乖離率で比較すると、ロイヤル・カリビアン・クルーズは19%、カーニバル・コーポレーションは3%となり、ロイヤル・カリビアン・クルーズの方が人気がある。

最悪な休暇と書いたが、こんな収穫もあったようだ。

「この惨憺たる旅行のお陰で生涯の友を得ることができた。」 -- キム・チャップマンさん

船内はひどい状態だったが、乗客たちはお互いに助け合い、これが一生の友を得る結果となったわけだ。とにかく皆さん無事に帰港できて良かった。


(参照したサイト:火災で航行不能のクルーズ船、トイレがあふれ食料配布でトラブルも

Cruise passengers became comrades on trip home

コメント