アップル大幅下落 -- これは将来的に好材料??

今日一番の話題は決算を発表したアップルだ。マーケット終了まであと1時間を残し、現在アップル株は11%と大幅に下げている。こんな下げ方だから、決算がかなり悪かったに違いない、と推測できるが、先ずこれから見てほしい。

アップル、iPhoneとiPadの第1四半期販売は過去最高に
米Appleは23日(現地時間)、2013年度第1四半期(2012年10~12月)の決算を発表した。売上高は545億ドル(前年同期463億ドル)、純利益131億ドル(同131億ドル)で、いずれも過去最高。

過去最高なら株価は上昇するべきだ、と思うのが普通だが、実際は正反対の展開になっている。いったい何が悪かったのだろうか?

こんな下げ方を見ると、アップルに大きな問題があるのではないかと思ってしまうが、今日もアップルは人気製品を作る巨大な企業であることに変わりはない。しかし収益率が著しく下がっている。アップルは驚異的な成長率が当たり前になっていたから、アナリストや投資家のアップルに対する期待は、どんどん大きく現実離れしたものになっていった。今回の決算が教えていることは、私たちのアップルに対する期待を再調整する必要があるということだ。(ビジネス・インサイダー)

グラフ:ビジネス・インサイダーから

上のグラフには、前年度同時期と比較したアップルの四半期収益成長率が示されている。50%を超える驚異的な伸びは、既に過去のものとなった、という雰囲気がある。まるでジョブズ氏の死と共にアップルの一部も死んでしまったようだ。

下のチャートで分かるように、アップル株の下げは今日始まったわけではない。



株価のピークは9月(1)。そして、買いの強さを見るオン・バランス・ボリューム(2)のピークも9月だ。10月に入ると株価の下げが明確になり、オン・バランス・ボリューム(3)の下降も明瞭になり、売り圧力が増大していることが示されていた。(赤い線は13日平滑移動平均線)

さて、早速こんなニュースが出ている。

アップル目標株価引き下げ相次ぐ、決算発表で

なるほど、言い換えれば、アナリストたちはアップルに対する今までの期待が、あまりにも非現実的であったことに気がついた訳だ。とうぜん、収益率の予想なども引き下げられるだろうから、次のアップルの決算は予想より良い内容になる可能性がある。言い換えれば、アップルが飛び越えなければならないハードルが低くなるわけだから、今日の大幅下落は将来的に好材料になるかもしれない。


(参照したサイト: アップル、iPhoneとiPadの第1四半期販売は過去最高に

Here's The Good News For Apple

Apple's Days Of Mega-Growth Are Over

アップル目標株価引き下げ相次ぐ、決算発表で

コメント