新年おめでとうございます -- 今年も大変なアメリカ




どうぞ今年もよろしくお願いします!

ここカリフォルニアはまだ大晦日ですが、日本からのツイートは「明けましておめでとう」で溢れています。日本の年末年始は良いですね!除夜の鐘が鳴り響き、中学生のころですが、「初夜の鐘」というジョークが流行ったのを思い出します。

さて2013年は「へび年」、いったいどんな年になるでしょうか。

へび年はどんな年?
才能の開花や蒔いた種が実を結ぶ年と言われている

ということで、今年は実り多い年になることを願います。



アメリカは財政の崖まであと11時間24分55秒。ワシントンの議員さんたちは、この崖を回避しようと努力(?)をしているようですが、一つだけ確かに言えることは2013年は増税の年になります。




現在アメリカの抱える赤字は約16兆ドル。我々庶民の願いは「増税はしないでくれ」、「税率を引き下げくれ」です。しかしこれだけの赤字ですから、どう考えても増税が実施されることでしょう。 CNNはこう報道しています。

中流階級の米国市民は増税から逃げることは無理だろう。オバマ大統領は、中流階級の所得税上昇を防ごうとしているが、給与税は少なくとも2%の上昇となるだろう。

もし企業に米国のような膨大な赤字があったら、もちろん倒産です。こんな国の国債を、いったい誰が買っているのでしょうか?

連邦準備銀行は、米国経済を支えるために財務省から発行されている61%の債券を購入している。一見すると、米国債の需要が高いように映るが、これは単なる外見上のことであり、こんなことを長く継続させることは不可能だ。-- ローレンス・グッドマン氏(Center for Financial Stability)

下は米長期国債のETF、iShares Barclays 20+ Yr Treas.Bondの日足チャートです。



マーケット終了まで2時間ほどありますが、ローソク足はベアフラッグの下辺(1)を割り、売り手が優勢です。資金の流入/流出を見るマネーフロー(2)も下げ方向であり、売りの力が強いことが示されています(赤は20日平滑移動平均線)。もちろん国債が暴落しては大変ですから、連邦準備銀行は、当分の間、国債買いを続けることでしょう。

ローレンス・グッドマン氏は、更にこう語っています。

連銀による大量な国債買いのお陰で国債金利は人工的に低く抑えられ、米国の抱える赤字問題の真相がカモフラージュされる結果となった。言い換えれば、この不自然な形が正常化されないかぎり、国債は大幅下落となる危険が性が常に伴う。


(情報源:意外に知らない2013年の干支【巳(蛇)】の雑学・豆知識

WSJ: Fed Buying 61 Percent of US Debt

Why your paycheck is getting smaller, no matter what

コメント

ASK さんの投稿…
いつも楽しみにしております。
本年もよろしくお願い申し上げます。
T Kamada さんの投稿…
ASKさん

新年おめでとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします。