女性の方がトレードに向いている

(下記はトレーダー・プラネットの記事を意訳したものです。)

1、男性は自慢するのが好きだ。好例は友人と一緒に行く釣りだ。誰よりも大きな魚を釣り上げると単に喜ぶだけでなく、さっそく魚を抱えて記念撮影。もちろん撮った写真はオフィスの机の上に置き、同僚たちに自分の釣りの腕を誇示する。

トレードでも男性は釣りの場合と同じだ。見事に大きな利益を獲得すると、男性トレーダーは早速その事を自慢気にツイートする。あいつより大きな利益を上げたい、とあまりにも過剰な競争意識があるため、男性トレーダーは肝心な利食いに十分集中することができない。




2、男性は自尊心が高すぎる。トレードでは大きな利益を上げることもあれば、当然のことながら損を出すこともある。男性は勝った時はツイートなどして自慢するが、損をした場合は何も言わない。大きな利益は嬉しいものだが、損の出ているトレードを上手く処理しないと、大切な口座残高がどんどん減ってしまう。

女性トレーダーは、一回のトレードで大きく儲けようなどという事は考えない。女性トレーダーにとって重要なのは地味な勝ちをコンスタントに続けることであり、隣に座るトレーダーより大きな利益を上げることではない。

3、女性トレーダーは忍耐強い。いつもマーケットにはトレードチャンスがあるわけではない。言い換えれば、トレーダーは勝率の高いパターンが現れるのを待つ必要がある。男性トレーダーは我慢して待つことができないから、いい加減なタイミングで出動し、結果的にコンピュータのモニターに向かって叫ぶことになる。

4、助けを求めることができない男性トレーダー。好例は道に迷った時だ。女性は道行く人に直ぐ道順を尋ねることができるが、男性にはそれが中々できない。トレードでスランプに陥った場合、女性トレーダーは同僚や先輩に助けを求めてアドバイスを得る。男性トレーダーは自分の力だけでスランプを克服しようとするから、トレードで更に損を出し続けてしまう。

5、女性の方が優れたトレーダーだ、という考え方は、ごく一部の人たちが言っていることではない。グーグルで検索したら簡単に分かることだが、この考え方を肯定する専門家は多数いる。


(参照したサイト:Why Women Make Better Traders

コメント