ロックアップ解除 -- 株価は大幅上昇??

水曜、8億株におよぶフェイスブック株のロックアップが解除され、ほとんどの人たちは株価の下落を予想していた。しかし、マーケット開始30分後、フェイスブック株の日足には超特大の陽線が出来上がっていた。




10%を上回る上昇だから、まるで人気アナリストが次々と買い推奨を出したような上げ方だ。この上昇を見たラ・モニカ氏(CNNマネー)は、こんなツイートをしている。



「フェイスブックは動きの激しい株だ。今日のこの上昇には驚きだが、はたしてこの勢いが続くだろうか?好決算を発表した時のラリーは長続きしなかった。それに、34倍のPERはあまりにも高すぎる。」

さて、デイトレーダーたちは、フェイスブック株をどう買ったのだろうか。1分足チャートを見てみよう。



先ず、赤い線はVWAPだ。

VWAP(ブイワップ)とはVolume Weighted Average Priceの略称で、日本語では「出来高加重平均価格」といいます。VWAPは当日の取引所で成立した価格を価格ごとの売買高(出来高)で加重平均した価格を指します。株価がVWAPを上回っている時は、今日買った人全員の損益を合計したらプラス、逆に株価がVWAPを下回っている場合はマイナスといえます。(株の達人から抜粋)

1のローソク足に注目してほしい。寄付き直後、ローソク足がVWAPの下へ沈み込んでいる。しかし、その次のローソク足(2)は早速VWAPの上に戻り、この上に戻ったところが買いのタイミングになる。


(参照したサイト:株の達人

Facebook: Better Brace Yourself; It's Mega-Lockup Eve)

コメント