暴落記念日、ということでベア型ETFの話

さて10月19日、暴落記念日です。こんな日に上げるのは不謹慎だ、という訳ではないと思いますが、マーケット終了まで約2時間半の現在、ダウはマイナス1.27%、S&P500はマイナス1.41%、そしてナスダックはマイナス2%といった状況です。

特にナスダック市場の崩れが目立ちますが、下はナスダック100指数に連動するETF、PowerShares QQQ (QQQ)の日足チャートです。




1、20日移動平均線(短期トレンド):下向きです。

2、50日移動平均線(中期トレンド): わずかですが、最近は以前のような上昇角度がなくなり、上昇トレンドが弱っています。

3、200日移動平均線(長期トレンド): 上向き。

極論すると、この下げは買いチャンスだ、と思っているのは長期投資家だけです。


今日の陰線は特に長い陰線ですから、ナスダック100指数は200日移動平均線(3)に到達しそうです。そう思うのなら、このETFを空売りすればよいのですが、どうも空売りはやり難い、と空売りを敬遠する人が多いことも事実です。そんな人たちにお勧めなのは、マーケットが下がると上がる仕組みになっているベア型のETFを買うことです。



上は、ナスダック100指数が下がると上がる仕組みになっているベア型ETF、ProShares Short QQQ (PSQ)の日足チャートです。PowerShares QQQは現在マイナス2.17%、そしてこのProShares Short QQQは+2.24%です。言い換えると、PowerShares QQQが1%下げると、ProShares Short QQQは1%上昇するようにできています。

下は、ProShares UltraShort QQQ (QID)の日足チャートです。


これもナスダック100指数が下がると上がる仕組みになっているベア型ETFですが、このETFは上げ幅が2倍になります。要するに、ナスダック100が1%下げると、ProShares UltraShort QQQは2%上昇するようになっています。現在このETFは+4.55%です。

そしてもう一つ。下は、ProShares UltraPro Short QQQ (SQQQ)の日足チャートです。



こちらの方は、ナスダック100が1%下げると3%上昇する仕組みになっています。現在このETFは+7.27%です。

コメント