今度こそ石炭株はブレイクアウト!?

来月に選挙が迫り、CNBCはオバマ指数、そしてロムニー指数なるものを発表した。先ず、下がオバマ指数を構成する銘柄だ。




1、今年ここまでの成績は+17.46%

2、第一回目の討論会(10月3日)からはマイナス1.90%


下はロムニー指数を構成する銘柄だ。




1、今年ここまでの成績は+2.02%

2、第一回目の討論会(10月3日)からは+2.29%

注目して欲しいのは赤で囲った4つの石炭銘柄だ。ロムニー氏が勝利した討論会以来、どれも大きく上昇している。

Arch Coal +23.39%

Alpha Natural +30.32%

Peabody Energy +19.07%

James River +32.45%


それでは、石炭銘柄に投資をしているETF、Market Vectors Coal (KOL)の週足チャートを見てみよう。



下降する40週移動平均線(200日移動平均線に相当する)で分かるように、このセクターは投資家たちに嫌われ、長い低迷が続いている。去年のピークから株価は半分以下になってしまったが、最近は安値圏で横ばいが続き、ひょっとすると底を形成しているのでは、と思っている人も多いことだろう。

日足チャートに移ろう。




現在株価はレジスタンスラインに接近し、ここを突破できるかが注目される。二つ指摘したいことがある。

・ ローソク足の下に引いた、赤い短い線を見てほしい。安値は切り下がっていたが、最近初めて一段高い安値(A)が形成され、以前のような売り圧力がなくなった。

・ 売りと買い圧力を測定する、バランス・オブ・パワーに顕著な変化が見られる。Bのように、下へ長く伸びる赤い線は強い売りを示す。しかし、最近は緑の線(C)が出始め、このETFが買い集められている可能性がある。

繰り返しになるが、先ずレジスタンスラインをブレイクできるかに注目したい。


(参照したサイト:CNBC's Obama Portfolio Loses Ground Since Debate

コメント