電子取引を停止したニューヨーク証券取引所の決定に驚いた -- アダム・サスマン氏

明日の取引再開に向けて、ニューヨーク証券取引所とナスダックは現在システムのテストをしているようだ。ハリケーンのお陰で、ニューヨーク証券取引所は水浸しになっている、といった報道もあったが結局誤報だった。


NY証券取引所水浸しを誤報したCNN(写真:http://goo.gl/MEprm)

ご存知のように、電子取引が一般的になり、今日の株取引にわざわざ人間の手を通す必要はない。日曜の報道によれば、ニューヨーク証券取引所はハリケーンが去るまで閉鎖されるが、株の電子取引は中止されることなく通常どおり行われる予定だった。しかし現実は、月曜、火曜の二日間にわたり電子取引も停止されてしまった。何故なのだろうか?下はfinance.fortune.cnn.comからの抜粋だ。

・ 現時点では、なぜ株電子取引も中止されたのかが分からない。
・ 電子取引を停止したニューヨーク証券取引所の決定に驚いた。(アダム・サスマン氏 -- TABBグループ)
・ ハリケーンなどの緊急時に備えて、大手証券会社のトレーダーは、自宅から株を電子取引できるシステムを持っている。
・ 最近5年間で証券取引所離れが進み、約40%の株取引は証券取引所を通さずに行われている。

さて、もし本当に明日から株取引が始まった場合、マーケットは上げるだろうか、それとも下げるだろうか?サム・ストーバル氏(S&P Capital IQ)は、こう語っている。

ハリケーンは必ずしもマーケットの下げ要因にはならない。大きな被害を与えた過去13回のハリケーンを振り返ってみると、ハリケーンの3カ月後S&P500指数は平均で3.9%の上昇、そして6カ月後は平均で5.8%の上昇となっている。株式市場を変動させるためには、ハリケーンのような一部の地域的な現象ではなく、もっと世界的に影響を与える要因が必要だ。


(参照したサイト:NYSE, Nasdaq preparing to reopen Wednesday

Why the NYSE flip-flopped on electronic trading

How Stocks Performed After The Worst Hurricanes

The New York Stock Exchange Is Not Flooded And It Looks Beautiful Right Now)

コメント