あなたの中に潜む何人ものデイトレーダー

株好きなのでトレードを始めたという自然な成り行きから、失業がキッカケとなってトレードに入る人たちもいる。理由は何であれ、米株の場合、最低2万5000ドルの資金があれば、誰でもデイトレード用の口座を開設することができる。2万5000ドルは約195万円に相当し、こんな低資金で始められるビジネスは無い、ということでデイトレードに興味を持つ人たちもいる。

よく聞く話だが、デイトレードで成功できるのは、ほんのひとにぎりの人たちだけだから、デイトレードを職として選ぶのは間違っているというものがある。データによれば、トレーダーとして生き延びることができるのは10%未満のようだが、他の商売を始めて成功する確率も低い。米国ではレストラン、小売店と様々なビジネスが毎日新たに開店するが、そのほとんどが5年以内に倒産してしまうという現実がある。

なぜ新ビジネスの多くは失敗に終わるのだろうか?主な理由を見てみよう。

・ 詳細なビジネス・プランが無い。
・ 適切な危機管理が無い。
・ 資金不足。
・ 現実的でない利益の期待。
・ 知識不足。自分の専門分野だけでなく、ビジネスを成功させるためには、会計やマーケティングの知識も必要になる。
・ 店の場所が商売に不適切。  
・ 宣伝不足。  

ご察しのように、最後の二つを除いて、上記はデイトレーダーが失敗してしまう原因にも当てはまる。特に強調したいのは、多くの新トレーダーたちは、あまりにも非現実的な利益の期待をしているような気がする。oraclewizard77さんは、こう書いている。

医者や弁護士になるためには4年以上の年月が必要だ。たった数週間勉強しただけで、トレードで直ぐに利益を上げることなど有りえない。

言うまでもなく、こんな間違った考え方をしてしまう一原因はインターネットで見かける広告だ。「勝率90%以上、オンラインでシグナル配信!」などといったヘッドラインを読むと、明日から直ぐに儲かりそうな錯覚に陥ってしまう。

それでは最後に、投資心理の研究で知られるブレット・スティンバーガーさんの語る、トレードを成功に導くヒントを記しておこう。

あるミューチュアルファンドが、数人のファンドマネージャーを使って資金を運用している。成績は、極めて良くもなく悪くもなく、要するにごく平均的なファンドだ。よく調べてみると、平均的な結果となった原因は、優秀な成績を上げているファンドマネージャーの足を、冴えない成績を上げているファンドマネージャーが引っ張っていることが判明した。
さて、もしあなたがこのミューチュアルファンドの社長なら、状況を改善するためにどんな措置を取るだろうか?「簡単なことだ!優秀なファンドマネージャーだけを残して、駄目なファンドをマネージャーを首にすればよいのだ」、とあなたは言うかもしれない。
それでは、あなた自身のことを考えてみよう。あなたの中には何人ものトレーダーが潜んでいる。マーケットの状況に応じて、違ったトレーダーが現れ、あなたの口座資金をコントロールする。優れたトレーダーが顔を出した時は、当然利益が上がり、そうでないトレーダーが現れた時は口座資金が減る。
大切なことは、現在どのトレーダーが、あなたをコントロールしているかを観察することだ。あなたの中に潜む駄目なトレーダーは、利益を上げるためにトレードをしているのではない。言い換えれば、彼らがトレードをする理由は、スリルを得るためであったり、自尊心を高めることであったりする。




(参照したサイト:Why Do Most Start Ups Fail?

Elite Trader

Why Traders Keep Losing Money)

コメント