弱さが目立つ小型株

下は、小型株指数ラッセル2000に連動するETFの日足チャートです。




長い陰線を形成し、200日移動平均線を割っての終了となりました。大型株を代表するダウ指数、それにS&P500指数はまだ200日移動平均線より上ですが、投資家たちは小型株の崩れが大型株へ広がることを心配しています。

下はダウ指数の日足チャートです。



(赤の点線は200日移動平均線)

2で分かるように、ダウ指数はまだ前回(1)の安値を割っていません。しかし、オン・バランス・ボリュームは既にブレイクダウン(3)となり前回の数値を割っています。これは売り圧力の増大を示すものですから、ダウ指数も小型株指数のように200日移動平均線を割る可能性があります。



S&P500指数もダウと同様です。オン・バランス・ボリュームは既に下放れ、S&P500指数は200日移動平均線を割ってしまう可能性があります。

コメント