重要な損切り注文

下はパトリオット・コール(炭鉱株)の10分足チャートだ。




2ドルあった株価が、終了間際の30分で半額以下の62セントになってしまった。いきなり売られた理由は、「早ければ今日中に破産を申請する」、というブルームバーグの報道だ。(マーケット終了後、パトリオット・コールは連邦破産法11条による会社更生手続きを申請した。)

次に日足チャートを見てみよう。



青い矢印(1)で分かるように、株価の方は先週反発ラリーを展開していた。破産を避けることができそうだ、という噂が買い材料になったようだ。テクニカル的に見た場合は、二本の赤い矢印が示すように、株価は下げ方向だが反対にMACDのヒストグラムは上昇し、ダイバージェンスの買いシグナルが出ていた。

しかし、今日の破産ニュースで大陰線が形成され、株価は一気に安値を更新してしまった。こんなチャートを見る度に思うことは、あらかじめ損切りの注文を入れておくことの大切さだ。


(情報源:Bankruptcy News Killing Coal Miners

Patriot Coal files for Chapter 11 bankruptcy)

コメント