バンク・オブ・アメリカの金でギャンブルした人の話

おかしいぞ、口座残高がやけに増えている。この銀行口座には50万円ほどしか残っていない筈だが、何と800万円もある。同様なことが、ゼネラル・モーターズを退職したロナルド・ページさんにも起きた。

バンク・オブ・アメリカにあるページさんの口座残高は数百ドル。その日、デトロイトのカジノでページさんはギャンブルをしていた。金が無くなったので、カジノ内にあるATMから現金を下ろそうとしたとき、信じられないことが起きた。

繰り返しになるが、口座には数百ドルしかないから、1000ドル、2000ドルといった金額を下ろすことはできない。しかし、銀行側の間違いで、ページさんは好きなだけの金額を引き出すことができた。ついに俺にツキが回って来たとばかりに、ページさんはカジノからカジノへと渡り歩いた。

グリークタウン・カジノのATMから引き出した総額は31万2000ドル、MGMグランド・カジノでは10万3000ドル、そしてモーター・シティ・カジノでは51万4000ドル。こんな調子でカジノ三昧の暮らしが続き、15日間でページさんが引き出した金額の合計は150万ドル、円に換算すれば約1億1800万円だ。

もちろん、ページさんは逮捕され、6月27日に連邦裁判所から判決が言い渡される。検察側は、ページさんの判断は明らかに不適切だが、今回の事件はバンク・オブ・アメリカの間違いが発端になっているため懲役15カ月を求めている。

読者たちの書き込みを見てみよう。

・ 私だったらこうする。引き出せるだけの金を町中のATMから引き出す。そしてメキシコへ逃亡。(CrazyEyedさん)
・ ギャンブルで稼いで金持ちになったら銀行へ金を返そう、という確固としたビジネス・プランだった。問題は敗けてしまったこと、そして元手は窃盗によるものだった。(Johnさん)
・ 150万ドルの全てをギャンブルに使ってしまったということだが、それは真実なのだろうか?例えば、50万ドルをスーツケースに入れて、裏庭に埋めておくこともできる筈だ。監獄行きは嬉しいことではないが、15カ月間の我慢で大金が手に入るなら、監獄行きを選ぶ人がいてもおかしくはない。(Anachronismさん)
・ なんて馬鹿な人なのだろう。150万ドルもの大金を手に入れておきながら、その全てをギャンブルで失ってしまうとは、、、(QsMommyさん)
・ ページさんは、最初から口座残高以上の金額を引き出すつもりだったのだろうか?それとも、ATMに口座残高が表示されたのだろうか?どうも納得できない。(funkdawgさん)注: カジノのATMには口座残高が表示されないものもある。
・ バカな人だ。金はフェイスブック株の投資に使うべきだった。そうすれば正当な方法で金を失うことができた。(Michael Russoさん)
・ まるで夢のような15日間だったことだろう。(Simon Hillさん)
・ ATMにはカメラが付いている。こんな事をいつまでも続けられると思っていたのだろうか。(Nitronaughtさん)

モーター・シティ・カジノ 


(情報源:Bank error gives man unlimited ATM withdrawals at Detroit casinos

コメント