幸せなのは共和党支持者、それとも民主党支持者? -- 米国事情

質問: あなたは現在のアメリカに満足していますか、それとも不満足ですか?(ギャラップ社の意見調査)

下は、「満足している」と答えた人たちの推移だ。


データ:ギャラップ社

現在の数値は20%だから前回の26%から下げている。

民主党支持者の数字を見てみると、5月の調査で「現在のアメリカに満足している」と答えた人の数は43%だったが、今月は34%に下がっている。共和党支持者の場合は、9%から12%に上昇した。どちらの政党にも属さない人たちの場合は、20%から17%に下がった。(オバマ大統領は民主党)
20%という今日の低い数値は、再選を狙う大統領には不吉な数字だ。 1980年のジミー・カーター大統領、そして1992年のジョージ・H.W.ブッシュ大統領が敗れたときの数値も、ほぼ20%だった。
1984年、ロナルド・レーガン大統領が再選されたとき、「現在のアメリカに満足している」と答えた人は48%、1996年のビル・クリトン大統領再選のときは39%、そして2004年のジョージ・W.ブッシュ大統領が再選されたときの数値は44%だった。

ギャラップ社は、こういう調査もしている。

質問: 今日米国が直面する最も重要な問題は何だと思いますか?
回答: 
経済 31% 
失業 25% 
政府に対する不満 12% 
財政赤字 11% 
ヘルスケア 6% 
苦しい消費者の家計 5% 
道徳の低下 4% 
教育  4%

さて、オバマ氏が再選される可能性はどのくらいあるだろうか?



intrade.comによると、オバマ氏再選の可能性は52.6%だ。最近90日間の様子を見てみよう。


intrade.com


右下がりのチャートで分かるように、60%台だった再選の確率は50%台に落ち込み、オバマ氏再選に黄信号といった様相だ。


(情報源:U.S. Satisfaction Slips Slightly to 20%

intrade

コメント