投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

水虫で故障者リスト入り??

イメージ
野球シーズンが開幕してから一カ月が経過しました。ここロサンゼルスでは、全く予期していなかったことですが、ドジャースが16勝6敗で西部地区の首位です。野球と言えば、ケビン・コスナーのフィールド・オブ・ドリームスが良いですね。とても好きな映画です。




さて、野球にはケガがつきものです。デッドボールで手首骨折、キャッチャーと激突して捻挫、といろいろありますが、こういう実際に報道された野球選手たちのケガがあります。

・アダム・イートン(投手):DVDが包まれているプラスチックを切ろうとして、ナイフで誤って自分の腹を刺す。 ・ミッキー・テトルトン(指名打者):水虫で故障者リスト入り。水虫の原因は、靴の紐をあまりにもきつく締めすぎたため。 ・ブレット・バービー(内野手):間違ってチリ・ソースを目にぬってしまい、試合を一日欠場。 ・リッキー・ボーンズ(投手):座っている椅子から立ち上がる際、腰の下部を痛める。その時ボーンズ投手は、選手控え室で椅子に座ってテレビを観ていた。 ・ラリー・アンダーソン(投手):対戦チームとの喧嘩に加わろうと飛び上がった際、助骨間の筋肉を痛める。 ・マーク・スミス(投手):エアコンに手を入れ指を負傷。スミス投手は、エアコンが故障したと思い、エアコンに手を入れた。 ・ランディー・ジョンソン(内野手):靴を履こうとして背中の筋肉を痛める。 ・バイロン・マクラフリン(投手):ホテルの鏡で右手を負傷。鏡の前で投球フォームの練習をしていたが、明らかに鏡に近く立ちすぎていた。 ・リッキー・ヘンダーソン(盗塁王):霜焼けでゲームを数日休んだ。霜焼けになったのは8月だった。 ・ポール・モリタ-(内野手):チームメイトのグローブから指が抜けなくなり、指の関節を外す。 ・テリー・ハーパー(外野手):チームメイトとのハイタッチ(high-five)が原因で肩の関節を外す。

(情報源:Strange but True Baseball Injuries

ETFのETF

イメージ
精彩を欠く米GDPが発表され、まだしばらくの間、低成長が続きそうだという見方をする人が増えたようです。ニュースを抜粋します。

米商務省が27日発表した12年1〜3月期の米国内総生産(GDP)の実質成長率(季節調整済み・速報値)は、年率換算で前期比2.2%と、前期(11年10〜12月)の3.0%から大幅に伸び率が縮小した。市場の事前予測(2.5%)も下回り、堅調さを増していた米経済の回復がやや減速したことを示した。
では、もし本当に低成長が続く場合、私たちはどんなものに投資をしたら良いのでしょうか?ジョシュア・ブラウン氏(投資アドバイザー)は、こう答えています。

iShares Morningstar High Incomeを買って、あとはゴルフを楽しんでください。
iShares Morningstar High IncomeというのはETFです。High Incomeという部分で分かりますが、このETFが目的にしていることは高利回りな投資です。少しこのETFについて調べてみました。

・正確な名前はiShares Morningstar Multi-Asset Income Index Fundです。シンボルはIYLD。

・下のチャートで分かるように、このETFは最近上場されたばかりです。ということで、このETFの成績の方は、まだ分からない状態です。




・こんな実績の無いものに投資して大丈夫なのだろうか、と心配になりますが、下がこのETFが投資しているトップ10です。




右側の数字は、資金の何パーセントがそれぞれのものに割り当てられているかが示されています。例えば一番上ですが、資金の19.61%が、iShares iBoxx $ High Yield Corporate Bond Fundに回されています。さて、このiShares iBoxx $ High Yield Corporate Bond Fundですが、これは高利回りな社債に投資しているETFです。(現在このETFの利回りは7.31%)

そして、二番目のiShares Barclays 20+ Year Treasury Bond Fundは米長期国債のETFです。(現在このETFの利回りは3.50%。)

三番目のiShares Dow Jones Select Dividend Index Fundは、高…

ガソリン価格上昇はニュースになるが、ガソリン価格下降はニュースにならない!?

イメージ
マーク・ペリー氏(ミシガン大学教授)が、こんなことを指摘しています。

最近ガソリンの値段が下がっているが、それを伝える報道はほとんどない。下降するガソリン価格(falling gas prices)でグーグルで検索すると、それに該当する記事数は、ここ1カ月間で24ある。しかし、上昇するガソリン価格(rising gas prices)で検索すると、それに該当する記事数は1550だ。
面白そうなので、私も早速グーグルで検索してみました。先ず、下降するガソリン価格(falling gas prices)です。




青で囲いましたが、記事数は25です。




そして、上が上昇するガソリン価格(rising gas prices)です。記事数は1480です。圧倒的にガソリン高を伝える報道が多いわけですが、ペリー氏は「マスコミは、良いニュースより悪いニュースを重要視する好例だ」、と語っています。

下は、ガソリン価格に連動する上場投信United States Gasoline (UGA)の日足チャートです。




上昇波動が終わり下げが顕著になっています。この上場投信を買っている人は面白くないでしょうが、ガソリンが下がることは消費者には嬉しいニュースです。


(情報源:Gas Prices Are Falling, But Media Has Had 65 Times Greater Coverage of Rising Prices Over Last Month?)

売り手はまだ諦めていない。。。

イメージ

米国住宅市場は確かに回復している??

イメージ
最初に聞いた数字は7.1%減だった。これは悪材料かなと思ったが、マーケットの方は上昇が始まった。



マーケット開始30分後の10時、米国3月の新築住宅販売件数が発表された。上のS&P500指数の1分足チャートで分かるように、マーケットはニュース発表直後に動き始めたわけではなく、先ず数分間横ばいとなった。なぜ直ぐに上昇とならなかったのだろうか。下がニュースの内容だ。

・3月の新築住宅販売件数は、季節調整済み年率換算で32万8000件となり、前月の数値を7.1%下回った。しかし、予想されていた31万9000件を上回った。 ・この7.1%という大きな落ち込みは、2月の新築住宅販売件数が31万3000件から35万3000件に大幅上方修正されたためだ。 ・先月の新築住宅中間価格は1%下落した。
良い材料と悪い材料が入り混じり、これではどう解釈するべきかが分からないから、ニュース発表直後数分間の横ばいは当然かもしれない。ダイアナ・オリック氏(CNBC)は、こう語っている。

好調な2月の後、3月の新築住宅販売件数は減った。2月の数値は上方修正されたという事実もあるが、歴史的に見た場合、3月の数字は2月より高くなるのが一般的だ。更に、今月に入って住宅建築業者が極めて悲観的になっていることを考えると、住宅販売件数の低迷はまだしばらく続くような気がする。
住宅建築業者が極めて悲観的になったということだが、USA TODAYによれば、今年予定されている住宅建築数は、ここ最近3年半で最高の件数になる。4月に入ってから、住宅建築業者たちはなぜ弱気になってしまったのだろうか。オリック氏の話によれば、原因は差し押さえとなった住宅だ。USA TODAYは、こんなことを報道している。

Zillow.com(住宅サイト)によれば、新築住宅販売件数が減った原因の一つは、差し押さえとなった住宅の販売件数が大幅に上昇したためだ。新築住宅価格に比べると、差し押さえとなった住宅の価格は極めて低く、2月の場合、全住宅販売件数の約5分の1が差し押さえ物件で占められている。
何かよく分からなくなってしまった。米国住宅市場は回復しているのだろうか、それとも相変わらず低迷なのだろうか。多くの人たちは、ジョシュア・ブラウン氏(投資アドバイザー)の、この言葉に同意するのではないだろうか。

36カ月連続で、結論を引き出…

もしあなたの人生を映画化するなら、あなたを演じる俳優は誰ですか? -- 大学院の面接試験での質問

イメージ
ご存知のように、MBA(経営学修士号)を取得するためには大学院へ行かなければなりません。そして、大学院へ入るためには筆記試験、更に場合によっては面接試験もあります。面接では様々なことが聞かれるわけですが、こういう変わった質問もあります。

・あなたが今まで見たメールアドレスの中で最高だと思ったものは何ですか?何故それが最高だと思ったかも説明してください。 ・壁に掛かっている絵を指さしながら、「この絵を、あなたはどう解釈しますか?」 ・もしあなたが木なら、どんな木になりたいですか? ・今この瞬間、全世界には、空中を飛んでいるゴルフボールは何個あると思いますか?




・あなたを、この大学院へ入学させる理由は何でしょうか? ・もしあなたの人生を映画化するなら、あなたを演じる俳優は誰ですか? ・もしあなたが超人的な力を持つことが可能なら、どんな力が欲しいですか? ・大きな災害がサンフランシスコに迫っています。全市民を避難させるには、どれくらいの時間がかかりますか? ・今まで読んだ本の中で最悪だったものは何ですか? ・タイムマシンが可能だったとします。罰せられる心配が無ければ、あなたはヒットラーから財布を盗みますか? ・MBAの取得は、単なる時間の無駄だと思いませんか?
(情報源:20 Wacky Business School Interview Questions That Are Asked Just To Confuse You

弱さが目立った半導体セクター

イメージ

バンク・オブ・アメリカが下がるとアドバンテストも下がる?

イメージ
干ばつが原因となって穀物の値段が上がる、原油の急騰でガソリンが値上がる、といったことが時々起きます。しかし、もし私が「昨夜ヤンキースが敗けたから今日は株が下がった」、と言ったら多くの人が反論することでしょう。そもそも、ヤンキースと株式市場に強い相互関係がある筈が無いのですが、ビジネス・インサイダー・ドット・コムにこんな変わった相互関係が紹介されています。




ここ3年間の株価の動きです。青い線はバンク・オブ・アメリカ、緑の線は半導体デバイスの測定器の大手メーカー、アドバンテストです。銀行と半導体にどういう関係があるかは分かりませんが、株価はほぼ同様な動きです。




青はゼネラル・モーターズ(GM)、緑は水に関連した株、たとえば水の浄化装置や節約装置などを製造している会社に投資している上場投信PowerShares Global Water (PIO)です。どうやら水とGMには密接な関係があるようです。




青はコカ・コーラボトリング、緑はブラジルの電力会社パラナ電力です。これも動きがよく似ています。




青はジェット機でお馴染みのボーイング、緑の方は医療機器のメドトロニックです。これも、動きがほぼ同様に見えます。


とこのような形で、あともう11例が紹介されているのですが、ビジネス・インサイダー・ドット・コムはこう書いています。

これらの結果は、相関トラッカーというものを使って出したものです。遊びながら出した結果ですので、これらの結果をもとに投資することはお勧めしません。
さて、この相関トラッカーですが、これはスパイダーで知られるETFの会社のサイトに載っています。(http://www.sectorspdr.com/correlation/



ディズニー株(1)で調べてみました。期間は1年間(2)です。真ん中のBに載っているのが、相互関係の強い銘柄(同様に動く銘柄)、Cに載っている銘柄は相互関係の低いものになります。AはETFです。1に近いほど相互関係が強くなり、マイナス1に近いほど相互関係が低くなります。


(情報源:15 Of The Most Spurious Correlations In The Stock Market

米国株式市場 -- これは売りパターン!?

イメージ

あなたの投資方向は間違っている -- トニー・サガミ氏

イメージ
間違った方向に銃が向いていたために、1942年2月15日、シンガポールは日本軍に占拠される結果となった。そして今日、多くの人たちは投資方向が間違っているために、投資という戦いに敗けてしまいそうだ。 -- トニー・サガミ氏
サガミ氏はアジアの新興市場諸国、特に中国に大きな関心を持つアドバイザーだが、今日はどんな株を勧めているのだろうか。要点を抜粋してみよう。

・アジア開発銀行によると、アジアの新興市場諸国(日本と韓国を除く)の2012年の経済成長率は6.9%、そして2013年は7.3%が予想される。 ・更にアジア開発銀行は、2012年の中国の経済成長率は8.5%、そして2013年は8.7%を予想している。 ・中国の政治家たちは、中国経済がヨーロッパや米国への輸出に依存していることを好まない。この現状を改善するために、中国政府は国内消費の向上を狙った5年計画(2011年-2015年)を実施している。 ・私たち個人投資家は、中国の消費者が何を買っているのかに注目する必要がある。例えば、北京ではルイ・ヴィトンのバッグを多く見かける。ホンコンのKFCには長い列が出来ている。
という訳でサガミ氏は、輸出依存型国家脱却を狙う中国を見て、これからは中国の個人消費が更に大幅に伸びると見ている。簡単に言えば、中国で物を売る企業の株を買えば良いということになるが、自動車、食品、衣料品、ととにかく色々な業者が存在する。どれを買ったら良いのだろうか。サガミ氏は、こんな事を勧めている。

中国で巨大な利益を上げる米国企業に投資する、という方法もあるが、それ以上に大きな利益を上げているのは中国国内の企業だ。では一体どの中国企業が投資対象になるかだが、Global X China Consumer ETF (CHIQ)という上場投信が保有している銘柄からヒントを得ることができる。下は、この上場投信が投資しているトップ10だ。
(Companyは銘柄名、数値はそれぞれの銘柄に割り当てられている資金のパーセンテージが示されている。)
サガミ氏によれば、この上場投信は、中国のトップクラスの小売関連銘柄で占められているというから、この上場投信に投資してしまうという方法も当然考えられる。ここでチャートを見てみよう。


1がGlobal X China Consumer ETF (CHIQ)、そして2が中国上…

遅刻の理由 -- 米国編

イメージ
「すみません、目覚まし時計が故障で、時間どおりに起きることができませんでした」、と上司に遅刻の理由を説明したことがある。上司がどう反応したかはもう忘れてしまったが、目覚まし時計の故障が遅刻の原因になることは、けっして珍しいことではないと思う。

アメリカの場合だが、CareerBuilderの調べによると、27%の人たちが月に少なくとも一度遅刻、そして16%の人たちが週に少なくとも一度遅刻している。ということで、上司たちは様々な遅刻の理由を聞かされるわけだが、こういう変わった理由もある。

・宝くじの1等に当たったと勘違いしていた。 ・朝のニューステレビ番組「Today」に気を取られてしまった。 ・怒ったルームメートがスマートフォンの充電器のコードを切ってしまった。そのためスマートフォンが充電されておらず、目覚まし用のアラームが鳴らなかった。 ・通勤時間も勤務時間の一部だと思っていた。 ・キツネに車の鍵を盗まれてしまった。 ・電車とホームの隙間に足を挟まれてしまった。(本当の話) ・最初から9時前に出勤するつもりは無かったわけだから、私は遅刻したことにならない。(出勤時間は8時) ・他社に就職の面接に行っていたので遅れてしまった。 ・州知事から電話があったので、どうしても出なければならなかった。(本当の話)
下が一般的な遅刻の理由だ。

・道路の渋滞  31% ・睡眠不足/寝坊  18% ・悪天候  11% ・子どもを学校へ連れていかねばならなかった  8%
ついでにあともう二つ、変な遅刻の理由をあげておこう。

・別れた夫に車を盗まれてしまった。 ・スタバの列が今朝は異常に長かった。





(情報源:10 weird excuses workers use when late to work

米国株式市場 -- 下げに備えるトレーダーたち

イメージ
株式市場が少し嫌な雰囲気になってきました。下はS&P500指数の週足チャートです。




わずかですけれども、上昇するトレンドラインを割って終了しています。下は日足チャートです。




ひょっとすると、AB=CDのパターンが形成される可能性があります。計算してみると、Dの目標値は1323付近になり、金曜の終値から3.4%ほど下になります。




このDの目標値ですが、これは11月の安値から4月の高値で測定した38.2%の値戻しレベルと一致しますから、けっこう強いサポートになりそうです。

誕生日計算機

イメージ
Birthday Calculatorというものを知人が教えてくれました。直訳すると誕生日計算機です。下記にアクセスしてください。

http://www.paulsadowski.com/Birthday.asp


こういうものが出てきます。




あなたの誕生日を入れてSubmitをクリックします。上は知人の誕生日、3月11日、1979年です。

色々なデータが出てきますが、面白いと思ったのは上から二行目です。


一行目は誕生日です。

二行目はこう書かれています。

Your date of conception was on or about 18 June 1978 which was a Sunday.

conceptionは受胎ですから、1979年の3月11日に生まれた人は、1978年の6月18日(日曜)頃に受胎したことになるそうです。

さて次は妻の誕生日でやってみよう。

-------------------------------

(アップルが下げているのにマーケットは上昇!?)






米国株式市場 -- 出来高が減るのは当たり前??

イメージ
貧弱な株の出来高を指摘する人が多いが、クレディ・スイスの調べによると、先月3月の米国株式市場の出来高は2007年12月以来最低の水準だった。下はS&P500指数に連動するETF、SPDR S&P 500 (SPY)の週足チャートだ。




去年の秋からの様子だが、マーケットは確かに上昇しているが、矢印の方向で分かるように出来高が冴えない。当然疑問になることは、なぜ出来高が減少しているのだろうか?クレディ・スイスのアナ・アブラモビック氏は、次の二点をあげている。

・オプションと先物の人気化。2011年、オプション市場と先物市場は史上最高の出来高を記録し、株式市場から資金を奪っている可能性がある。 ・出来高の半分を占めるHFT(コンピュータを利用した大手証券会社やヘッジファンドによる高頻度取引)が去年の夏以来減っている。
こういう意見もある。
出来高が減っていることを疑問に思う必要などない。2000年以来、米国株式市場は2度の大きな下げを経験し、2年前にはフラッシュ・クラッシュもあった。こんな状況では、一般の個人投資家たちが株式市場を離れてしまうのは当たり前だ。 -- ダグ・カス氏(Seabreeze Partners)
出来高を伴わない上げは信用できない、ということがよく言われるが、ここまでが順調だっただけに、そろそろマーケットから撤退を考えるべきだろうか?もちろん、全ての人にあてはまる答えなどないが、まるで株離れを防ぐことを目的に書かれたような記事がCNNマネーに載せられていた。マーケットがここから少々下げたくらいでパニックしてはいけない、ということが要旨になるが、パニックするべきでない理由として次の5つがあげられている。

1、株はまだ割安である。 2、個人消費が大きく上昇している。 3、中国経済の伸びはやや減速した程度。 4、ヨーロッパ情勢は、もはやマーケットの主要材料ではない。 5、一直線に上昇するマーケットなどない。健全な相場には一時的な下げが必要だ。
このCNNの記事が、はたしてどの程度の説得力があるかは分からない。カス氏の言うように、2000年以来マーケットは2度の大幅な下落を経験し、更にフラッシュ・クラッシュもあった。去年の話になるが、「ウォール街を占拠せよ」のデモで分かるように、人々はウォール街を敵のように思っている。大衆が積極的に投資でき…

崩れが顕著になった米国株式市場

イメージ

S&P500はリバース・ダイバージェンス??

イメージ

連休明けの米国、下げを警戒する投資家たち

イメージ
あなたは今週のマーケットにどんな姿勢で臨みますか?(ストリート・ドット・コムのオンライン意見調査)

回答:

強気: 39.27%(315票)

弱気: 46.88%(376票)

中立: 13.84%(111票)

(日曜の午後時点)


金曜、雇用統計が発表されたが、聖金曜日で米国の株式市場は休みだった。さて結果だが、3月の非農業部門の雇用者数は12万人増にとどまり、予想されていた20万5000人増を大幅に下回った。これで量的緩和第3弾(QE3)が確実となった、という意見がさっそく出ているが、今回の雇用統計はそれほど悪い内容なのだろうか?ポール・ラ・モニカ氏(CNNマネー)は、こう語っている。

たしかにガッカリな内容だったが、今回の発表だけで判断をするのではなく、先ず全体の流れをつかむことが大切だ。今年の三カ月をふり返ると、月平均の雇用者数は+21万2000人になる。ITGインベストメントのスティーブ・ブリッツ氏も述べているように、連銀は今回の数値には当然不満だろうが、だからと言ってこの数値だけで金融政策を大幅に変更することはない。忘れてはいけないことは、ツイストオペが終了するのは6月だから、連銀は現在も引き続き長期国債を買っているということだ。
フィリックス・サーモン氏も、ロイターのコラムに同様な事を書いている。

今回の雇用統計だけで判断すると、米国経済の回復スピードが下がってきたようだ。もちろん、今回の統計にも良いニュースはある。今回の統計は今回だけのものであり、これはまだトレンドになっていない。たしかに、雇用者数は予想を大きく外し、皆が期待するような順調な伸びが見られなかった。しかし数年前なら、12万人増というのは極めて力強い数値であり、人々を励ます結果となったことだろう。現在私たちが+12万人に満足できないということは、私たちの米国経済を判断する尺度が大きく上向きになったということだ。
一番上にストリート・ドット・コムのオンライン意見調査を記したが、これを見るかぎり、個人投資家たちは弱気に傾いている。どのセクターが特に売られると思うか、という質問に対する回答で最も多かったのは銀行。そしてその反対に、どのセクターが特に買われるか思うか、という質問に対する回答で最も多かったのは金銀などの貴金属だ。

ピーター・ブラント氏(Factor LLC)は、4月4日のブログに、こ…

好調なマーケット、ではあえて心配材料を探してみよう

イメージ
3月分の雇用統計が明朝発表される。しかし、明日は聖金曜日だからニューヨークの株式市場は休みだ。という訳で、マーケットがどう反応するかは来週まで待たなければならない。下はS&P500指数の日足チャートだ。




これで3日連続の陰線だが、見てのとおりアップトレンドは健在だ。20日、50日移動平均線は力強い上昇が展開され、長期トレンドを把握するための200日移動平均線はなだらかな上昇が始まっている。正に絶好調といった雰囲気だが、ここで意図的に心配材料を探してみよう。




入れた指標はオン・バランス・ボリューム(OBV)だ。矢印で示したように、S&P500指数は上げ方向だが、この オン・バランス・ボリューム の方は3月19日(A)がピークとなって下げが既に始まっている。このようにマーケットが上昇トレンドの時、オン・バランス・ボリュームが下降傾向になる場合は、上昇トレンドが終わりになる可能性があると一般的に解釈されている。ということで、ここからはの買いは慎重に行きたい。

燃油サーチャージ、そして肥満税

イメージ
航空券の値段が安くても問題なのは追加される燃油サーチャージです。下は、格安航空券を販売しているサイトで、ロサンゼルス-成田の往復航空券価格を調べたものです。(ロサンゼルスの出発は4月16日(月)、そしてロサンゼルスへの帰着は4月30日(月)の場合。)

・日本航空: 大人料金 229ドル 燃油 592ドル 計 821ドル

・シンガポール航空: 大人料金 500ドル 燃油 281ドル20セント 計 781ドル20セント

・全日空: 大人料金: 1143ドル 燃油 592ドル 計 1735ドル

大人料金だけなら、日本航空はシンガポール航空の半分以下です。しかし、燃油サーチャージに大きな違いがあるため、合計料金で安いのはシンガポールの方です。

航空会社によって燃油料金に違いがありますが、オーストラリアのカンタス航空は、先週燃油料金の値上げを発表しています。

飛行機は軽い方が燃料の節約ができます。こういう話があります。

・1980年代になりますが、アメリカン航空の最高経営責任者は、こう語っています。「機内食の一つ一つのサラダからオリーブを一つ減らすだけで、アメリカン航空は年間で4万ドルを節約することができた。」

・2008年、カナダ航空は一部の航空機から従来の救命胴衣を外して、軽量な浮き具と交換しました。

・ヨーロッパの格安航空会社ライアンエアーは、まだ燃油サーチャージを導入していませんが、Fat Tax(肥満税)を強く支持しています。要するにライアンエアーは、太った乗客に特別手数料を加算することに大賛成です。

Fat Taxは別に新しいアイデアではありません。数年前になりますが、ユナイテッド航空がFat Taxを導入するというニュースが流れ、大きな議論となりました。先ず、太っている人の定義です。

・一つの座席に座ることができない。

・長さを延長する器具を使ってもシートベルトを着用することができない。

・座席に座ることができても肘掛けを下ろすことができない。

上記に該当する乗客には次の選択肢があります。

・空いている席がある場合は、その開いた席の隣に移動する。この場合は特別料金を払う必要はありません。

・もし満席の場合は、差額料金を払って座席の大きなビジネスクラス、またはファーストクラスへ移る。あるいは、次の便のエコノミー座席を二席分購入する。

ユナイテッドがFat Ta…

個人投資家はウォール街の専門家より強気

イメージ
アメリカの個人投資家たちは株に割り当てる資金を増やしている。3月、株がポートフォリオを占めるパーセンテージは1.6ポイント上昇して60.7%となった。その一方、国債や地方債への投資は3.6ポイントの減少となり、債券がポートフォリオを占める割合は19%となった。個人投資家協会(AAII)のチャールズ・ロットブラット氏はこう語っている。

好調な株式市場が続き、個人投資家たちは、短期的にまだ株は上昇する、という考え方を変えていない。しかし、国債は利回りが上昇し、債券市場に対する不安材料となっている。更に、投資判断に影響を与えた要素として、低金利に対する不満、米国経済の回復速度、世界のソブリン債などがある。
楽観的な個人投資家とは反対に、ウォール街の専門家たちは株に回す資金を減らしている。sentimentrader.comから少し抜粋しよう。

最新のデータによると、ウォール街のストラテジスト達は、資金の55.3%を株に回すことを勧めている。1998年以来、今回の数値より低かったことは、2009年の1月から8月にかけてだけだ。(結果的には、この期間に株の比重を減らすことは好判断ではなかった。)しかし3月、個人投資家たちは株に割り当てる資金を60.7%に増やしている。数値的には極めて高いというレベルではないが、数カ月前は52%だった。 とういう事で現在、ウォール街の専門家は投資家たちに資金の55%を株へ投資することを推奨している。しかし現状は、個人投資家たちは60%を株に割り当てていおり、言い換えると、ウォール街(55%)と個人投資家(60%)の差はマイナス5%だ。下が、この差をチャート化したものだ。
緑の点線より上は、ウォール街の専門家の方が個人投資家より株に対して強気になっていることを示し、赤い点線より下は、今回のように数値がマイナスとなって、個人の方がウォール街より強気なっていることを示す。

さて、上のチャートから皆さんはどんな結論を引き出すだろうか。極端な数値例として、sentimentrader.comはAとBについてこう書いている。

2006年5月(B)、マイナス9%という数値が示すように、個人投資家たちは株に対してかなり強気になっていた。しかし、たとえそこで買っていたとしても、マーケットの大幅下落に巻き込まれるようなことはなかった。それとは逆にウォール街が強気…

割高なお買い得商品 -- この値段の付け方は意図的?

イメージ
ターゲットによく買い物に行く。衣料品、テレビ、スポーツ用品、家具、食品、と幅広く品を揃えたディスカウント百貨店チェーンだ。店のマークは赤い二重丸。見てのとおり正に標的だ。




ディスカウント店だから、品物の値段は割引になっているのだが、consumerist.comにこんな写真が掲載されていた。




低カロリーのピザだが、上の棚には一箱に4つ入ったバリュー4パックが置かれている。値段は10ドル89セントだから、ピザ一つあたりの値段は2ドル72セントになる。下の棚は同じピザのばら売りだ。値段は1ドル99セント。言うまでもなく、ばら売りを4つ買った方が割安だ。しかし、この値段の付け方は意図的なものだろうか。箱には大きくVALUE(お買い得)と書かれているから、この言葉を鵜呑みして、割高な4つ入りの方を買ってしまう人もいる筈だ。

似たことが米国最大のディスカウント店ウォルマートでも起きている。




品物はヨーグルトだ。5 for $3.00は5つで3ドルだから、一つの値段は60セントになる。しかし見てのとおり、左横には58¢の表記があり、一つあたりの値段は58セントであることが示されている。この値段の付け方は意図的だろうか、それとも単なる店員の間違いだろうか?


(情報源:Target Using Its Signature Funny Math To Trumpet Questionable "Value"

It's A Good Thing Shoppers Can Do Simple Math Because Walmart Isn't So Great At It