注目のアップル -- 500ドルまであと一歩

週末です。株をやる人たちは、いろいろなチャートを見ていることでしょう。先ず、来週の注目はアップルです。




言うまでもなく、投資家たちの期待は500ドルの達成です。もちろん、アップルはアメリカを代表する銘柄といった存在ですから、500ドル達成となればニュースでも大きく取り上げられることでしょう。 

アップルの目標株価ですが、アナリストたちはこのように見ています。

・強気目標株価: 700ドル

・弱気目標株価: 270ドル

・49人のアナリストの平均目標株価: 568ドル49セント

ブレイクアウト専門のトレーダーなら500ドル突破で買うわけですが、しばらく横ばいが続くことを願う人も多いことでしょう。

マイクロソフトの株価は30ドル台、インテルは20ドル台、GEは20ドル弱ということで、株価の高いアップルは値嵩株に属します。しかしアップルなど問題にならないほど高い株は、あのウォーレン・バフェット氏の会社、バークシャー・ハサウェイです。下が日足チャートです。




金曜の終値は$117,980ですから、円に換算すると約915万円です。株価は無視してチャートパターンだけに注目すると、現在日足チャートには、ブレイクアウトが期待できる下辺が切り上がる上昇三角形が形成されています。しかし株価が高すぎて買えない、と最初からあきらめてしまうわけですが、実は上のチャートはバークシャー・ハサウェイのA株であり、バークシャー・ハサウェイにはB株もあります。下がB株の日足チャートです。




こちらの方は金曜の終了は78ドル79セントです。チャートにはA株と同様に上昇三角形が出来上がり、多くの投資家たちのブレイクアウト候補リストに入っていることでしょう。

コメント