皆さんなら、どんなタイミングで買う?

長い低迷が続いていたファースト・ソーラーに、ゴールドマン・サックスのアナリストが、買い推奨を発表した。下が週足チャートだ。




2011年2月、175ドルを超えていた株価だが、12月19日には29ドル87セントという安値を記録した。今日1月17日の終値は40ドルだから、最近の動きだけを考慮すると、株価の方は30%を上回る反発ラリーの展開中だ。 この反発ラリーのお陰で、MACDのファストラインが下から上にスローラインをクロスして、買いシグナルが発せられる結果となった(2)。買った人たちは、今日の終値から約10ドル上にある、20週移動平均線(1)あたりを第一番目の目標にしているのではないだろうか。

まだ買っていない人たちは、どんなタイミングで買ってくるだろうか。日足チャートを見てみよう。




1で分かるように、株価はまだ窓の中で推移しているから、ここからのブレイクアウトが買いシグナルになる。第一の株価目標は12月の高値(51ドル89セント)だ。上記したように、週足に走る移動平均線が50ドル付近、それに区切りの良い数字で利食うことを考える人が多いことだろうから、50ドルを簡単に突破するのは難しいと思われる。


(参考にした記事:Goldman Sachs Says Buy Cree (CREE), Universal Display (PANL) and First Solar (FSLR))

コメント