ダウの小犬たち

先ず、ポール・ラ・モニカ氏(money.cnn.com)の言葉をもう一度引用しよう。

「ダウの犬たち(Dogs of the Dow)」と呼ばれる投資方法がある。ダウ30銘柄で配当利回りが最も高い10銘柄に投資する方法だが、もしこのやり方で今年投資していたとすると、今年ここまで(12月21日時点)の利益は10.8%だ。(ダウ指数は+4.6%) 配当金も含めて計算すると、ダウの犬たちの成績は+14.9%になり、ダウ指数の方は+7%になる。ダウの犬たちの中で、特に目立ったのはマクドナルド、そしてファイザーだ。さて、2012年もダウの犬たちは勝者となるだろうか? 

下記は、dogsofthedow.comに掲載されている「ダウの犬たち」の成績をダウ指数そしてS&P500指数と比較したものだ。


資料:  dogsofthedow.com 

2004年から2010年までの結果が表示されているが、これだけ見ると、ダウの犬たちが主要指数を上回ったのは2006年と2010年だけだ。なんだ、大したことはない、と思われるかもしれないが、長期的に見るとこういう結果になる。

ダウの犬たち: 過去10年間の平均年率 4.6%  過去19年間の平均年率 10.5%


ダウ指数: 過去10年間の平均年率 4.8%  過去19年間の平均年率 11.0%


S&P500指数: 過去10年間の平均年率 3.6%  過去19年間の平均年率 10.0%

ほとんどのファンドマネジャーの成績は、S&P500指数を上回ることができない現状を考えると、ダウの犬たちは決して悪い投資方法ではない。一例をあげると、下が有名なファンド、フィデリティ・マジェランの成績だ。

過去10年間の平均年率 3.3%  過去19年間の平均年率 9.8%

こういう数字を見つけた。

過去10年間の平均年率 5.7%  過去19年間の平均年率 12.2%


あきらかにダウ指数とS&P500指数を上回っている。これは「ダウの小犬たち(Small Dogs of the Dow)」と呼ばれる投資方法だ。どうやって小犬銘柄を選ぶのだろうか。dogsofthedow.comは、こう説明している。

先ず、ダウの犬たちを選ぶ。(今年のマーケットが終了した時点で、ダウ30銘柄の中で、配当利回りが最も高い10銘柄を探す。) この10銘柄の中から、株価が最も安い5銘柄を選ぶ。この5銘柄がダウの小犬たちだ。1973年以来、ダウの小犬たちの成績は平均年率20.9%の高率だ。(1月のマーケット初日に小犬たちを買い、12月のマーケット最終日まで株を保有する。)

下記が2012年度の「ダウの小犬たち」の候補銘柄だ。(数字は株価と利回り)

General Electric Company: (GE) $17.91   3.80%

Pfizer Inc. (PFE): $21.64     3.70%

Intel Corporation (INTC): $24.25   3.50%

AT&T, Inc. (T): $30.24    5.90%

Kraft Foods Inc. (KFT): $37.36   3.10%


(参照したサイト: Dogs of the Dow)

コメント