インターネット中毒者に見られる16の症状

(下記はbitsandpieces.usからの抜粋です。)

もしこのような症状に心当たりがあるなら、あなたはインターネット中毒です。

1、「トイレに行ってくる」と言わないで、「ちょっとダウンロードしてくる」と言う。

2、「お気に入り」リストを一番上から下まで目を通すのに15分もかかる。

3、あなたの悪夢は、まるでFlash Playerで見ているようだ。

4、自己紹介をする時、「Jim at net dot com」のジムです、と言う。

5、テレビでインターネットのアドレスが放送されただけで興奮してしまう。

6、新たに届いたメールの受信音を聞き逃さないために、部屋を出る時はインターコムのスイッチを入れる。

7、全ての友人の名前には@マークが付いている。

8、飼っている犬もホームページを持っている。

9、母親に電話をすることができない。なぜなら、母親はインターネットの電話を使っていないからだ。

10、あなたのスマートフォン料金は岩のように重い。

11、男とも女ともとれるニックネームを使っているから、親しい友人の性別が分からない。

12、ヒゲを生やしてからもう2カ月になる、と夫は言う。

13、朝3時、トイレに行きたくなって目が覚めた。用を済ませた後、ベッドに戻る前にメールをチェックした。

14、妻が新しい規則を作った。「ベッドにコンピュータの持ち込み禁止」。

15、コンピュータの前にある椅子をトイレにするには、どの程度の費用がかかるのか、と修理屋に尋ねた。

16、夫婦に大切なのはコミュニケーション、と妻が言うから、さっそくコンピュータをもう一台買ってきた。





(参照したサイト: You are an internet addict if …

コメント