感謝祭前日の米国株式市場は強い??

木曜は感謝祭、いよいよ今年も大詰めです。感謝祭の前日は株が買われる、感謝祭の前日のマーケットは強い、といったことをよく聞きます。はたして、それは本当なのでしょうか。CXO Advisory Groupが、こんなデータを発表しています。


cxoadvisory.com

S&P500指数の感謝祭前後の成績が示されています。

・T-3は感謝祭の3日前、T-2は二日前、T-1は感謝祭の前日のマーケットです。

・T+1は感謝祭の翌日、T+2は二日後、T+3は感謝祭三日後のマーケットです。

・青色の棒は1950年から1989年の平均です。

・オレンジ色の棒は1990年から2010年の平均です。

・0.0%の直ぐ上に赤い横線が引かれていますが、これは1950年から現在までの、S&P500指数の一日の平均上げ幅(+0.03%)です。

CXO Advisory Groupは、こう結論しています。

要約すると、感謝祭前後で米国株式市場が最も強いのは、感謝祭の直前直後である一日前と一日後だ。


(情報源:Stock Returns Around Thanksgiving

コメント