今年のクリスマスの予算は7%アップ

皆さんの今年のクリスマス・プレゼントの予算はどのくらいだろうか。ギャラップ社から、こんな数字が発表されている。


資料:ギャラップ社

上のグラフには、「あなたの今年のクリスマスのプレゼントの予算はどれくらいですか」、という質問に対する回答が示されている。2008年は616ドル(約4万7400円)、2009年は638ドル(約4万9100円)、2010年は714ドル(約5万5000円)、そして今年は764ドル(約5万8800円)だ。もちろん、「いくら使うつもりですか」という話だから、今年のクリスマスで本当に764ドルの金が使われるかどうかは分からない。ギャラップ社は、こう説明している。

・ 2000年、2001年、そして2002年のように出費予定額が前年度を下回る場合、クリスマスの売上は4%以下の低い伸び率となった。
・ 2008年、出費予定額は29%の大幅下落なり、クリスマス・シーズンの売上は稀な4.4%の減少となった。
・ 2009年の出費予定額(638ドル)は前年度をわずかに上回り、実際の売上は、前年度とほとんど変わらないマイナス0.4%という結果だった。
・ 出費予定額は前年度と同じ、または少し上回る場合(2003年、2004年、2005年)は、実際の売上は比較的強い4.7%から5.9%の伸びとなった。
・ 2010年、出費予定額は前年度を12%ほど上回り、実際の売上は健全な5.2%の上昇となった。
・ 2006年と2007年は例外になる。出費予定額は前年度を上回っているが、実際の売上は低迷した。

というわけで、出費の予定額が前年度を上回っているからといって、それがクリスマスの売上に必ず好影響となるとは結論できないようだ。

2カ月ほど前のニュースになるが、全米最大のディスカウント店ウォルマートは、5年ぶりにレイアウェイを復活させた。(レイアウェイ:予約販売方式。頭金を払って品物を予約し、残金を支払い終わった時点で、品物を受け取ることができる。) ウォルマートの販売部責任者は、こう語っている。

消費者たちは、家計のやりくりに苦労しています。経済回復はひ弱であり、お客様たちは当社の助けが必要な状態です。

レイアウェイは、恐慌時代に人気となった販売方法だという。2008年、シアーズは20年ぶりにレイアウェイを再開し、2009年、トイザらスがこの販売方法を導入した。そして今年は最大手のウォルマートも参加となり、何か恐慌時代に一歩近づいた感じがする。


(情報源:Consumers' Holiday Spending Intentions Perk Up in November

Wal-Mart's layaway program is back

コメント