株投資 -- こんな人たちの意見に要注意

皆さんにも同様な経験があると思うが、友人や知人の一言、あるいは人気アナリストの言葉が原因となって、予定していた株の買いを中止してしまうことがある。それが適切なアドバイスなら問題はないが、買いを中止した数日後、その株が大幅上昇などといったことになると、他人の意見に従った自分の馬鹿さ加減に腹が立ってしまう。せっかくの株投資計画を台無しにさせないために、バリー・リットホルツ氏は、次のような人たちの意見に注意することを勧めている。

・ 熱心な人/熱狂的な人: 新製品が発表される、数日後に重大なニュースが発表される、と話題は色々ある。しかし、熱狂的な人が語ると、全ての情報が素晴らしく価値あるものに聞こえてしまう。
・ 予想屋/情報提供者: 「内部情報に詳しい人の話によると」、といった形で切り出される話には注意したい。さも情報通であるかのようにふるまう人は、単に噂を語っているだけ、あるいは噂をもっと広めたいだけだ。
・ 嘘つき: あなたは、これらの人々をよく知っている。彼らが公表している成績は抜群だ。いつも安値で株を買い、そして高値で絶妙に利食っている。正に統計学上で不可能であることを、彼らは見事に成し遂げているわけだ。
・ 万年ブル/万年ベア: 投資家にとって最も危険なのは、いつも強気/いつも弱気な人たちの意見だ。彼らの多くはセールスマンであり、自らマーケットの分析をすることはない。
・ 風変わり: エリオット波動、フィボナッチ、MACDなどの一般投資家に馴染みのない指標を使ってマーケットを説明する人たち。指標には色々あるから、そのどれかを使えば、現状のマーケットをうまく説明できる。先週のマーケットはボリンジャーバンドで説明し、今日のマーケットはMACDで説明するといった形で、彼らの使う指標は下着を換えるような頻度で変わる。
・ 知ったかぶり屋: 特にハイテク株の場合、専門的なこと、技術的なことを言われても私たちにはよく分からない。だからと言って、彼らの話が投資に役立つという保証はない。言い換えれば、技術面のデータは、投資プロセスとは無関係であることが多い。

さて、ここまで書いたら、なぜか「バナナの叩き売り」を見たくなった。





話は脱線するけれども、叩き売りというのは一番目に挙げられている「熱心な人/熱狂的な人」、というものにあてはまるような気がする。話が脱線したついでにもう一つ言えば、テレビで放映されるコマーシャルも「叩き売り」に共通するものがあると思う。優れたデータだけを強調しても、お客さんは買ってくれない。場合によっては、大切なのは商品よりも演技力だ。


(情報源: Investor Types to Avoid

コメント

匿名 さんのコメント…
いつも楽しいブログの更新ありがとうございます。
以前に比べブログのデザインを変更されてから異常に重くなったのが辛いところです・・
鎌田 傳 さんの投稿…
Anonymousさん

コメントありがとうございます。面白そうなので、最近Bloggerから出たDynamic Viewsというものを試しているところです。ご指摘の件、他の人たちの話も聞いてみます。