「ウォール街を占拠せよ」ロンドンへ飛び火

毎日報道されているように、アメリカでは「ウォール街を占拠せよ」のデモが繰り広げられている。


 


ツイッターで見つけたものだが、このデモ運動は、いよいよイギリスでも始まるようだ。


@May_Roma
Mayumi Tanimoto
ロンドン株式市場が占領される模様 RT @tweetminster: Protesters to 'occupy' London Stock Exchange on October 15 bloom.bg/pqCGF0 - Bloomberg #OccupyLSX

さっそくブルームバーグの記事を読んでみた。
・デモは10月15日、ロンドン証券取引所に近いPaternoster Squareで行われる。
・約4000人が参加する見込み。
・デモの名前は、「ウォール街を占拠せよ」にならって「ロンドン証券取引所を占拠せよ」。
・デモの目的は、不当な金融、不公平な社会に抗議すること。

「ロンドン証券取引所を占拠せよ」は、facebookを利用して人々に呼びかけている。(www.facebook.com/occupylondon) いくつかコメントを見てみよう。

・怒りを感じない人達は、現在の状況に注意を全く払っていない。デモを企画してくれた人たちに感謝したい。(Mara Saben Dasallaさん)
・BBCは予定されているデモに関する報道を全くしていない。色々な人たちに呼びかけて、BBCに報道するように圧力をかけている。報道をしないということは事実隠しと同じだ。(Fran Daviesさん)
・私自身、色々な物をぶち壊してやりたいと気持ちだ。「ロンドン証券取引所を占拠せよ」には賛成するが、平和なデモになることを願っている。(Michael Cutlerさん)
・このデモで、具体的には何を実現しようとしているのだろうか。(Simon Lovelandさん)
・人々が集まり、大義のために活動することはとても素晴らしい。(Rory Tregaskisさん)

私が一番気に入ったのは、このコメントだ。

・デモの行われる日は土曜日。金融街は休みだ。。。(Sian Snailsaviour Parkerさん)


(情報源:Protesters to ‘Occupy’ London Stock Exchange

コメント