真夜中のツイッター

「おやすみなさい」だけの単純なもの。かと思えば140文字では足りないから、その1、その2、その3と数回以上におよぶ長編ツイート。とにかく色々なツイートがある。

「単なる暇つぶし、娯楽です」、「情報の収集に使ってます」、「ビジネスに活用してます」と様々な理由でツイッターは利用されているが、こういったやや深刻な感じのするツイートもある。私がフォローしている@taguhiroさんのツイートなのだが、始まっている時間は午前1時7分だ。

・ はあ 、夫婦仲が悪いのも私のせいなのか…
posted at 01:07:13
・ 気にし過ぎが悪い、物の捉え方に認知の歪みがある、といわれても、納得いかない…
posted at 02:14:06
・ 発達障害の子供の療育、夫と話し合おうとしても「僕は今勉強したいのに!」といわれて哀しくなって、二人で話し合える貴重な時間じゃない!と返したらなんとかテーブルについたものの… 話し合いに参加したからそんな発言はいちいち気にするなといわれても傷ついたものは傷ついたんだけどなぁ… (涙
posted at 02:14:23
・ 子供の療育に不安をもっているの、と話してもそんなの不毛、と一蹴されてしまうと、こちらもどうしていいかわからん…
posted at 02:18:09
・ 発達心理学とかなまじっかかじってしまったが故に夫と考え方が違いすぎるのだが(彼は本を読んでもわすれてしまうらしい)、一人で背負い込むなと言ってくれるのはありがたいものの、忘れたからわからん、と開き直られると話にならないよぅ
posted at 02:20:52
・ 子供のことも必死で頑張って倒れたのに面倒もみてくれなかった旦那さんに、俺も頑張ったのに解らない私が自己批判が足りないのなんのと言われても涙目だよ… 旦那が倒れた時は泣きながら介抱しても、頑張り過ぎで妥協して適当にやればよかったのにとか…
posted at 02:25:54
・ 家事に育児に仕事にって奔走したのは妥協できなかった私がいかんのか… いかんかったんだろうなぁ…
posted at 02:27:37

とこんな感じで続いていくのだが、告白のようなツイートをすることは、ひょっとすると気分転換に役立つのかもしれない。

いいツイートだな、と思ったものは「お気に入り」に入れるようにしている。

・ 予告編② 確かに「自分の言葉」は大切です。「下手でもいいから自分の言葉で表現するように」と教師は生徒たちに教えてきました。でも、それは控えめに言ってもウソでしょう。ぼくの知る限り、「自分の言葉」といえるようなオリジナリティーがあるのは小学校4年ぐらいまででしょう。(@takagengenさん)
・ 大人が本気で遊ぶと凄いんだぞ!菅野よう子の名セリフ。ビーバップのブラスセクション聴いてて思い出した。今年のアースデイで、NTTの吹奏楽団といっしょに登場します。かれらもすごーくいいよ。(@TokikoKatoさん)
・ 久しぶりに仕事のことでひとり、泣いた。目指すものと自分の力のギャップ。これは”続けること”でしか埋められない。そしておそらく、続けていても一生”ギャップが埋まった”とは思えないのだろう。それでも明日は来る。歩いていこうと思う。やると決めたから。(@yuko_hさん)

140文字以内という制限があるから、ツイッターでは詳しい状況説明をすることができない。長編小説を開いて一段落だけ読むようなものだから、先ず物語の全貌を把握することはできない。こんな断片的、そして雑音の多いツイッターだが、これだけ多くの人たちを惹きつけたのだから不思議だ。



コメント