お金に必要な三つの容器

(下記はThe Palm Beach Letterからの抜粋要約です。)
お金の利用方法は基本的に三つある。
1、使う 
2、貯蓄する 
3、投資する
もし、あなたが金持ちになりたい、ある程度の資産を築きたいと思っているならお金を投資に回す必要がある。 
上記の1、2、3は下記のように言い換えることもできる。
1、お金を使う目的は、現在支払わなくてはならないものにお金を回して借金を避けることだ。 
2、貯蓄をする目的は、将来必要になる経費のためにお金を貯めていくことだ。 
3、投資の目的は資産/財産を増やすことだ。 
というわけで、私たちには目的に合わせて三つの容器(口座)が必要になる。 
1、毎月の経費/出費用の口座: いつでも引き出し可能な現金であること。 
2、貯蓄用の口座: 大きく増やすことが目的ではない。とにかく極めて安全であること。好例は定期預金。 
3、投資用の口座: 限定された期間にもっとも大きな成長を望めるものに投資すること。期間は短期ではなく長期的なものが好ましい。 
留意点: 
1、当然のことだが、出費が多ければ多いほど、貯蓄や投資に回す資金が欠乏してくる。 
2、そう簡単に貯蓄用口座からお金を引き出してはいけない。この口座は、毎月少しずつ増えていくことが好ましい。 
3、長期的な投資の方がストレスが少なく資産を増やすことができる。投資には危険がつきものと言われているが、多くの人たちは必要以上に危険をおかしすぎている。  
上記したことは、あまりにも常識的な話と思われるかもしれない。しかし、実際に実行している人たちは少ないように思う。
(情報源:The Most Important Money Management Lesson I Learned From My Uncle Sid

コメント