トリプルETFも使ってみよう

マーケットの上昇を継続させるためには、なんとしても金融株が低迷から脱出する必要がある。いつものように株関連のブログに目を通していたら、「PMO BUY SIGNAL」というタイトルが見つかった。何かなと思って少し読んでみると、これは金融株専門のETFに買いシグナルが出た、という記事だった。

オリジナルの記事はDecision Pointというサイトに掲載され、アメリカで株をやっている人なら一度はアクセスしたことがあるサイトだと思う。PMOというのは、たぶんDecision Pointが開発したオシレーターだと思われるが、一見するとMACDによく似ている。二本のラインのクロスが売買シグナルになり、騙しのシグナルも多いから、単にPMOのシグナルだけでトレードすることは勧めない、という断り書きもあった。

それでは、金融セクターに投資をしている上場投信、Financial Select Sector SPDRの日足チャートを見てみよう。




先ず明らかに分かることはダイバージェンスだ。3の安値は1の安値より低いが、MACD(2)の方は反対に上昇が始まり、目先の底を示すダイバージェンスという現象が起きている。現に、3のローソク足は下ヒゲが長く、知人たちも「買いだ!」と騒いでいた。

この長い下ヒゲ(3)を見て、18日(月)の終了間際に知人たちは買ったわけだが、実際に買ったのはDirexion Daily Financial Bull 3X Shares (FAS)だ。これも上場投信だが、この上場投信は金融指数が1%上昇すると3%上昇する仕組みになっている。下が日足チャートだ。




同様にダイバージェンスを見ることができる。では、3の終値で買って、金曜の終値で売った場合を比較してみよう。


・  Direxion Daily Financial Bull 3X Shares (FAS)

月曜の終値: 22.63

金曜の終値: 25.51

利益: 12.7%


・ Financial Select Sector SPDR (XLF)


月曜の終値: 14.65

金曜の終値: 15.32

利益: 4.57%

さて、次はどこが買いのポイントになるだろうか?分かりやすいのはブレイクアウトだと思う。




1-2-3ボトムが形成されている可能性がある。となれば次の買いは2の高値突破がシグナルになる。


(情報源:PMO BUY SIGNAL

コメント