米国が本当にデフォルトしたら何に投資する?

8月2日のデッドラインが迫っている。もし大統領と共和党の話し合いが上手くいかず、米国がデフォルトとなった場合、どんな投資が有利になるだろうか?ダグラス・マッキンタイヤ氏(247wallst.com)がいくつかの例をあげているので、さっそく見てみることにしよう。

・ 豊富な現金を保有する企業の高配当株: 5.7%の配当があるAT&T、そして3.1%の配当金を払うGEが配当金の支払いをストップすることはない。自社株を積極的に買い、そして配当利回りが高いマクドナルドにも同様なことが言える。
・ 金: 避難場所として資金が金に流れる。金価格が、ここから更に倍になることを予想するアナリストもいる。
・ 短期米国債: 利回りはほぼ0%だがリスクもほとんどゼロだ。(注:ここで言う短期国債は数週間から数ヶ月といった期間。)
・ スイスフラン: スイスのバランスシートは最高だ。 
・ 最高の格付けがある企業の社債: Exxon Mobil、Microsoft、Johnson & Johnson、そしてAutomatic Data Processingの格付けはAAA。 
・ 銀: 金と同様に銀も避難場所に選ばれることだろう。 
・ 金と銀に投資をしている上場投信: SPDR Gold Shares (GLD)、iShares Gold Trust (IAU)、iShares Silver Trust (SLV)などがある。 
・ シンガポール: 海外へ資金を逃がすなら、格付けの高いシンガポールが安全。iShares MSCI Singapore IndexFund (EWS、上場投信)を利用することができる。 
・ カナダのファンド: 同じ北米の国カナダは、米国市民にとって投資しやすい国だ。 
・ 国際債券ファンド: 特に目立つのはT. Rowe Price International Bond Fund (RPIBX)。5年から10年物の世界の債券に投資している。

米国がデフォルトした場合という想定ではないが、アジア株専門のトニー・サガミ氏は、米国の投資家にこんなことを勧めている。

・ 株、債券、不動産を含めて、ドルでの投資を最小限におさえる。 
・ 米国の長期国債は全て処分する。 
・ インフレにそなえて商品に投資する。 
・ 十分な現金を蓄えておくこと。


トニー・サガミ氏



(情報源:10 Smart Investments to Hold in Case the U.S. Defaults

4 Moves Every U.S. Investor Should Make

コメント