バーナンキ議長には、まだ多くの弾丸が残っている!?

リチャード・ラッセル氏(ダウ・セオリー・レターズ)のコメント:

もし、あなたがラスベガス、またはフィニックスで住宅を買ったなら、それは間違った買いだった。しかし、サンフランシスコ、またはサンディエゴで住宅を買った人は正解だった。もしもの場合に備えて、ドルで投資をしてきた人たちは、こんなに安くなってしまったドルでいったい何が買えるのだろうと困惑していることだろう。しかし、老後のために金投資を続けてきた人たちは、今日の状況を見ても動じることはない。


ラリー・エーデルソン氏(uncommonwisdomdaily.com)のコメント:

連銀には、もはや弾丸が残っていないと言う人がいるが、事実はその逆でありまだ多くの選択肢が残っている。既に去年指摘したことだが、もう一度振り返ってみよう。

1、更にドル紙幣を刷ることができる。連銀には、際限なくドル紙幣を刷る力がある。
2、不動産、株、先物指数、と様々な物を連銀が買うことができる。
3、現在10%に設定されている準備金を引き下げることができる。
4、連銀は、積極的に金を貸さない銀行にペナルティーを科すことができる。
5、ドル安を推進することで、事実上のデフォルトを実現することができる。


バーナンキ議長



ジム・ロジャーズ氏(著名投資家)のコメント:

デフォルトという言葉が実際に使われるかは疑問だが、どちらにしてもアメリカはデフォルトすることだろう。


ibankcoin.comのコメント:

世界最大の経済国家アメリカは紙幣を刷り続け、人々の紙幣に対する不信感が高まっている。投資家たちは安全な場所を求めて金市場に集まっている。


(情報源: Bernanke out of bullets? Heck no!

Gold Market is Saying Bernanke to Print Money

Jim Rogers Blog

Gold is Your Best Option




コメント