マーケットは天井の形成中? -- 記事の拾い読み

・カール・スウェンリン氏(Decision Point)

どちらかといえばベアの傾向がある私だが、読者から「あなたは万年ブルですね」、と言われて驚いている。さてマーケットだが、現時点では、まだ売る時は来ていない。機械的に売買タイミングをつかむ方法として、私はS&P500指数のチャートに、20日と50日平滑移動平均線を入れている。実際にチャートを見ると分かるが、平滑移動平均線のクロスが起きるにはまだ時間がある。しかし他の指標を調べてみると、5月2日の高値が重要な天井であった可能性がある。

S&P500指数の日足

・リチャード・ロス氏(Auerbach Grayson)
予想される夏の修正相場を考えると、今ここで積極的に株を買うのではなく、やがてやって来る買い機会に備えて十分な現金を口座に蓄えておくことが大切だ。

・insidermonkey.com

米証券取引委員会の最近のデータによると、ジョージ・ソロス氏のヘッジファンドは744の銘柄を保有し(3月31日時点)、その総額は84億ドルにのぼる。特に目立つのは、SPDR S&P 500 ETF TR (S&P500指数に連動する上場投信)のプットオプションの枚数が338%も増えていることだ。(注:株価が下がると思う時プットオプションが買われ、その反対に株価が上がると思う時はコールオプションが買われる。)


・ジョーダン・ロイ・バーン氏(Trendsman.com)

ほとんどの専門家たちは、今回の銀の異常な上昇は、行き過ぎな投機が原因だったと説明している。上げ相場の終盤で、大衆が一斉にマーケットへ押し寄せることは確かに起きることだが、先物市場では空売りの買い戻しが急上昇の原因になることがあり、今回の銀に起きたことも同じだ。下のチャートを見てほしい。赤い二つの矢印で示したように、オープンインタレスト(建玉)と買いポジションが減少している中、銀価格は反対に上昇している。これは典型的な空売りの買い戻しパターンだ。

チャート:sentimentrader.com


(情報源:POSSIBLE MARKET TOP

Short Covering not Speculative Buying Led to Silver’s Parabolic Rise

Rising dollar threatens stocks' gains

George Soros's Favorite Stock Picks

コメント