金価格はまだ上がる --- 大衆が動き始めるのはこれから!?

好調に上昇が続く金に関する、こんな話がある。1989年から調べてみると、金専門のフィデリティ・セレクト・ゴールド・ファンドが5月に上昇する確率は76%程あり、5月の平均上昇率は4.4%だ。


チャート:pragcap.comから
上のチャートの説明:

1989年の5月に、1000ドルの資金をフィデリティ・セレクト・ゴールド・ファンドに入れ、このファンドを5月だけ保有したとすると現在元手は2000ドルを少し超えている。

もちろん5月だけミューチュアル・ファンドに投資することは無理だから、それが可能な金専門の上場投信SPDR Gold Shares (GLD)を調べてみると、こういうデータが見つかった。過去6年間という短い期間になるが、5月の結果は3勝3敗、平均の上昇率は1.1%だ。勝率が高いのは11月の5勝1敗、平均上昇率は6.4%だ。

5月に金が上がるか下がるかは別として、まだ金を買える一つの理由として、ショーン・ブロドリック氏(Crisis Profit Hunter)は、こんなことをあげている。

一般のアメリカ人たちは、金と銀が大幅に上げているという事実をあまり知らない。しかし、人々はそろそろ目覚めることだろう。最近、金、銀、それに金貨などに関する広告が増えている。投資に全く関係ない、娯楽のサイトにも金の広告が載っている。

チャート:uncommonwisdomdaily.com

上のチャートはCPMグループからのものだ。矢印で分かるように、金が投資ポートフォリオを占める割合が上昇しているが、5%だった以前のレベルにはまだ程遠い状態だ。

現在、金の価格は1オンス1506ドル。ショーン・ブロドリック氏は、「皆が思っているよりも早く、金価格は2500ドルに達するだろう」、と述べている。


(情報源:MAY – A GOLDEN MONTH FOR GOLD?

Buy Gold and Silver Now … or Wish You Had

コメント