好調な小型株

thestreet.comのオンライン意見調査:

質問: あなたは今週の相場に、どんな姿勢で臨みますか?

回答:

・ 強気: 62.11% 264票

・ 弱気: 24.0%  102票

・ 中立: 13.88%  59票


wallstcheatsheet.comには、最近の個人投資家たちのマーケットに対する姿勢が要約されている。

AAIIの3月の調査結果によれば、個人投資家たちのポートフォリオの61.4%は株と株専門のミューチュアル・ファンドで占められ、63.3%だった2月の数値から減少した。しかし、歴史的平均の60%を6ヶ月連続で上回っている。
債券と債券専門ミューチュアル・ファンドがポートフォリオを占める割合は17.5%から20.6%に上昇し、2010年11月以来最高のレベルに達した。(歴史的平均値は15%)
現金がポートフォリオを占める割合は、19.2%から18.0%に減少した。
株の比重が減った理由として、マーケットに高ボラティリティが戻ったこと、債券市場が安定し始めたことなどが挙げられている。

大型株、小型株という大雑把な分け方でマーケットを見てみると、小型株に買いが集まっている様子が分かる。




上は、小型株指数ラッセル2000指数に連動する上場投信の日足チャートだ。抵抗線を突破して高値が更新されている。

下は、大型株指数S&P500指数に連動する上場投信の日足。




順調にラリーが展開されているが、まだレジスタンスレベルをブレイクしていない。明らかに、小型株に一歩先を行かれてしまった。


(情報源:POLL: Bull or Bear?

AAII Asset Allocation Survey

コメント