全て買いだ! --- 週末のコメントから

・フロイド・ノリス氏は、こんなことを指摘している。「米国消費者は、経済の先行きに対して見方が楽観的になってきた。しかし、自分たちの家計に関しては悲観的だ。」 --- バリー・リットホルツ氏(ritholtz.com)

・株を買う前に先ず止まれ、よく見ろ、そしてよく聞け。 --- ジム・クレーマー氏(マッド・マネー)


クレーマー氏

・もしあなたが平均的なトレーダーであり、ほぼ毎日トレードしているなら、あなたは強力な軍隊と対決しなければならない。もちろん、彼ら(ヘッジファンドや大手証券会社)は最新の超高速なコンピュータで武装しているから、最初から私たち個人トレーダーには勝ち目はない。しかし、マーケットをテクニカル的に分析することで、私たちは強力な軍隊の動きを把握することができる。 --- キャシー・ボイル氏(Chapin Hill Advisors)

・マーケット・クラブの行ったオンライン意見調査:

あなたは強気、弱気、中立?

中立: 36% (462票)
弱気: 26% (327票)
強気: 38% (477票)

総投票数:1266 (土曜時点)

・考えてほしいことがある。もしアップルの上昇が終わってしまったら、いったいマーケットはどうなるのだろうか?アップルを売って利食った資金はどこへ向かうだろうか?大型ハイテク銘柄に向かうだろうか、それともそれ以外のものへ向かうだろうか?アップルがナスダック100指数を占める比重が大きいだけに、アップルの動きに注目だ。--- L.A.リトル氏(tatoday.com)

下はアップルの日足チャート。




円で囲ったが、高値圏でポツンと一本のローソク足が孤島のように離れ、アイランド・トップと呼ばれる売りパターンが形成されていることをリトル氏は指摘している。

・いざという時のため、資金の避難場所として金が選ばれるが、銀にも金と同様なことが言える。今日のような状況では金投資は必須であり、もちろん銀投資も必須だ。 --- マーク・オバイン氏(GoldCore)


そして下はロイターのヘッドライン:




直訳すると、「全て買いムードの続くウォール街」、ということになる。言うまでもなく、皆さん強気だ。


(情報源:"Buy everything" sentiment continues on Wall Street

Silver’s still looking good

Economic Sentiment is Split

Life after Apple

コメント