投稿

2月, 2011の投稿を表示しています

変動価格割引航空券??

イメージ
滅多に聞くことはない航空会社だが、ラスベガスに本拠地を置く、アリージャント・エアが話題になっている。航空券を買うなら、もちろん割安なものがほしい。アリージャント・エアの最高経営責任者は、航空券の価格設定方法として、次のような計画をしていることを文書で運輸長官に送った。

当社から航空券を購入する場合、消費者には二つの選択が提示される。先ず、従来どおりの固定価格航空券。価格が固定されているから、この場合は予約した日の航空券価格が適用され、価格が変動することはない。 そして、もう一つの航空券は割引航空券。しかし、この割引航空券は価格が固定されておらず、飛行機の燃料費の動きによって変動する。したがって、燃料費の値段が下がれば航空券の価格も下がり、逆に燃料費が上昇した場合は航空券価格も上昇する。
はたして、これが本当に割引航空券かどうかは疑問だが、航空業界に詳しいエドワード・ハズブロック氏はこう語っている。

このような航空券の価格設定方法が提案されたことは、けっして非常識なことではない。航空会社の目的は利益を上げることであり、燃料費上昇のリスクを消費者にも負わせたいだけだ。しかし、消費者が求めているのは分かりやすい価格が固定された航空券であり、燃料費に左右される航空券ではない。燃料費の変動が大きなリスクであるなら、航空会社は先物市場でヘッジするべきだ。
消費者グループは、アリージャント・エアの提案に反対し、早速政府に文書を送っている。

航空会社は常に燃料費の上昇というリスクを背負っている。アリージャント・エアがしようとしていることは、航空会社が当然負うべきリスクを、我々消費者に負担させようとしている。企業には、その業種特有のリスクがあり、優れた経営陣はリスクを計算に入れてビジネスを展開するものだ。
アリージャント・エアの提案について、消費者たちは、こう述べている。

・ 最初に思ったことは、はたして燃料費が下がることなどあるのだろうか、ということだ。私はカナダに住んでいるが、燃料費が下がったなどということを最近聞いたことはない。(ライアン・コッチ氏) ・ 私は変動性の航空券に興味は無い。アリージャント・エアは画期的な提案と思っているかもしれないが、私は全くそう思わない。(デイビッド・フォーグス氏) ・ 私は旅行会社で働いているから、一般の人よりアリージャント・エアには詳しい。手荷物チ…

大学生はEブックが嫌い??

イメージ

買いが集まったエネルギーセクター

イメージ

フォトジャーナリズム

ニュージーランドを襲った地震の模様です。

Christchurch earthquake (全36枚)

週末の読書リスト

イメージ
トレードに関する良い本を教えてほしい、と聞かれたら、皆さんはどんな本を勧めますか?The Best Trading Booksと題して、アマゾン・ドット・コムには、読者たちから高評価を得たトレード関連書籍が紹介されています。何冊か見てみましょう。(書評はTraders Shopから引用)

・ 欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア (エドウィン・ルフェーブル著)

本書は、ギャン、ソロス、と並ぶ天才的な投機家であるジェシー・リバモアを描いた「小説」である。市場、為替、投機、といった言葉がメディアに載らない日はない。……(略)……わたしたち一人一人の欲望と幻想の総体、実はそれが「市場」の正体なのだ。いわゆる「市場関係者」以外の「一般」の人たちが広く本書に触れ、波瀾万丈のリバモア物語を楽しみながら、金融・経済アレルギーを少しでも解消されることをわたしは願っている。――村上龍
・ 投資苑 - 心理・戦略・資金管理 (アレキサンダー ・エルダー 著)


アメリカのほか世界8カ国で翻訳され、各国で超ロングセラー
精神分析医がプロのトレーダーになって書いた心理学的アプローチ相場本の決定版! トレーディング上達のカギは群集心理を理解することである。マーケットに参加した投資家が抱くあらゆる心理状態を基に分析した、チャート分析、トレーディング戦略、マネー・マネジメント

・ ゾーン 相場心理学入門 (マーク・ダグラス著)


恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、
ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる!さて、その方法とは?究極の相場心理を伝授する!

・ 新マーケットの魔術師 米トップトレーダーたちが語る成功の秘密 (ジャック・D・シュワッガー著)

「新マーケットの魔術師」は、世界のトップ・トレーダーたちのインタビュー集。投資で成功するにはどうすればいいのかを中心に構成されている。この本は決して順序通りに読み進む必要はない。自分の好きなトレーダー、関心のあるトレード手法から読み始めてかまわない。17人のスーパー・トレーダーたちが洞察に富んだ示唆で、あなたの投資の手助けをしてくれることであろう。成功を願う投資家にとって、必読の書である。
・ スペランデオのトレード実践講座 (ビクター・スペランデオ著)

『新マーケットの魔術師』に取…

ベビー・ガガ --- あるビジネス・アイデア

イメージ
どんな味がするのだろうか?食べたいとは思わないが、母乳で作ったアイスクリームが、ロンドンのレストランで金曜からメニューに加わる。レストランの名前はIcecreamists、そして母乳アイスクリームの名前はベビー・ガガ(Baby Gaga)だ。値段は14ポンド(約1850円)と高価だが、レストランのオーナーは間違いなくベビー・ガガはヒットする、と自信満々だ。

ロイターの報道によれば、インターネットで広告を見た15人の女性が、無料で母乳をレストランに提供した。この14ポンドというアイスクリームの値段を聞いて、おそらく次回からは無料で母乳を寄付する女性はいなくなることだろう。

読者たちの書き込みを見てみよう。

・ そんなものを食べて病気がうつる心配はないのだろうか?(aloriaさん)

・ アイスクリームに14ポンドも払う気はない。(Bさん)

・ 自宅で母乳アイスクリームというなら有り得るかもしれないが、レストランでというのは、、、(Stoliさん)

・ 母乳アイスクリームの次は母乳フローズン・ヨーグルトだ。(Snarkster さん)

・ 母乳が原因で病気に感染する可能性があるわけだから、母乳を食品として販売することに対する法的規制はないのだろうか?(Kateさん)

・ 牛乳の販売にも法的な規制があるのだから、母乳アイスクリームも同様に法的規制が必要だと思う。(veritybrownさん)

・ 母乳の味は、母親が何を食べたかによって変化する。我が子のことを思い出せば、時々嫌そうな顔をして母乳を拒否することがあった。(Rachachaさん)






(情報源: London Ice Cream Shop To Offer Scoops Of Frozen Breast Milk

Shop to make breast milk ice cream

困り果てたサウジアラビア政府 --- 3月11日、サウジアラビアに革命が起きる??

イメージ

動揺する投資家 --- 火曜のコメントから

イメージ
・ 現在投資家たちを襲っているのは未知の恐怖だ。中東で広がる政治的な混乱の深刻さを適切に把握することは難しく、向こう数週間で、いったいどこまで原油価格が上昇するかも分からない。--- マイケル・シェルドン氏(RDM Financial Group) (混乱するリビア情勢を背景に、火曜の米国株式市場は今年最大の下げとなった。S&P500指数はマイナス2.05%。)

・ 言うまでもなく、跳ね上がった原油価格が投資家たちを動揺させた。牛乳の値段の上昇は米国消費者に嬉しくないニュースだが、米国の酪農業者の利益は上がる。原油の上昇は米国消費者の家計に痛手を与え、イランの大統領が儲けを手に入れる。--- デイビッド・ケリー氏(JPMorgan Funds)




上は、「恐怖指数」の異名で知られるボラティリティ指数の日足チャートだ。簡単に説明すると、マーケットが順調に上昇し投資家たちが安心している時は、この指数は下がる。しかし今回のように、マーケットに不安な材料が広がると、この指数は上昇する。見てのとおり、ローソク足はボリンジャー・バンドの上限バンドを大きく突き破り、投資家たちの動揺ぶりが顕著に表れている。


・ 米国株式市場も新興市場を追って下げに転じることだろう。暗い新興市場の見通しを考慮すれば、私たちは米国の株式市場に対して楽観的な見方をすることはできない。50%以上の米国企業の利益は新興市場の国々に頼っているという現状がある。 --- マーク・ファーバー氏(gloomboomdoom.com)

・ 状況は一転した。エジプトと違い、リビアとバーレーンは原油価格に大きな影響を与える。 現状を考慮すると、ここからの買いは得策ではない。株式市場は上昇が続いていただけに、こんな不安な状況では、大量な利食いの売りが更に出てくることだろう。--- ジム・クレーマー氏(マッド・マネー)

・ 世界の情勢を抜きにして、テクニカル的な立場からマーケットを分析すると、マーケットは向こう3週間から6週間にわたって横ばいになりそうだ。 --- カーター・ウォース氏(Oppenheimer Asset Management)

下はS&P500指数の日足チャート。




長い陰線(1)だが、なんとか今のところ上昇する20日移動平均線に支えられている。前回(2)長い陰線ができた時は、早速翌日から回復…

あなたは株中毒?

イメージ

金価格と日経平均

イメージ
(情報源: Chart of the Day)


全て買いだ! --- 週末のコメントから

イメージ
・フロイド・ノリス氏は、こんなことを指摘している。「米国消費者は、経済の先行きに対して見方が楽観的になってきた。しかし、自分たちの家計に関しては悲観的だ。」 --- バリー・リットホルツ氏(ritholtz.com)

・株を買う前に先ず止まれ、よく見ろ、そしてよく聞け。 --- ジム・クレーマー氏(マッド・マネー)



・もしあなたが平均的なトレーダーであり、ほぼ毎日トレードしているなら、あなたは強力な軍隊と対決しなければならない。もちろん、彼ら(ヘッジファンドや大手証券会社)は最新の超高速なコンピュータで武装しているから、最初から私たち個人トレーダーには勝ち目はない。しかし、マーケットをテクニカル的に分析することで、私たちは強力な軍隊の動きを把握することができる。 --- キャシー・ボイル氏(Chapin Hill Advisors)

・マーケット・クラブの行ったオンライン意見調査:

あなたは強気、弱気、中立?

中立: 36% (462票)
弱気: 26% (327票)
強気: 38% (477票)

総投票数:1266 (土曜時点)

・考えてほしいことがある。もしアップルの上昇が終わってしまったら、いったいマーケットはどうなるのだろうか?アップルを売って利食った資金はどこへ向かうだろうか?大型ハイテク銘柄に向かうだろうか、それともそれ以外のものへ向かうだろうか?アップルがナスダック100指数を占める比重が大きいだけに、アップルの動きに注目だ。--- L.A.リトル氏(tatoday.com)

下はアップルの日足チャート。




円で囲ったが、高値圏でポツンと一本のローソク足が孤島のように離れ、アイランド・トップと呼ばれる売りパターンが形成されていることをリトル氏は指摘している。

・いざという時のため、資金の避難場所として金が選ばれるが、銀にも金と同様なことが言える。今日のような状況では金投資は必須であり、もちろん銀投資も必須だ。 --- マーク・オバイン氏(GoldCore)


そして下はロイターのヘッドライン:




直訳すると、「全て買いムードの続くウォール街」、ということになる。言うまでもなく、皆さん強気だ。


(情報源:"Buy everything" sentiment continues on Wall Street

Silver’s still lo…

AB=CD、それとも他のパターン?

イメージ
「著名投資家が売ったからといって、私たち個人投資家も売る必要はない。チャートを見れば、まだ短期的に上昇できる可能性が残っている。」 これはバンク・オブ・アメリカに関するトム・キルゴア氏の意見だ。

氏のコラムによれば、第4四半期、著名ヘッジファンド・マネージャー、ジョン・ポールソン氏は保有するバンク・オブ・アメリカの株数を10%減らした。更に、大投資家ウォーレン・バフェット氏は、保有していたバンク・オブ・アメリカの全株を売り払った。言うまでもなく、一般個人投資家たちがこんなニュースを聞いたら、やはりバンク・オブ・アメリカを手放したくなることだろう。

ではバンク・オブ・アメリカのチャートを実際に見てみよう。




先ず週足だが、2011年が始まって早々(1)、バンク・オブ・アメリカはわずかだがレジスタンスゾーンを上回った。しかし、陽線が続いていただけに更なる買いが入らず(おそらく著名人の売りニュースも影響したのだろう)、バンク・オブ・アメリカはその後2本連続の陰線となった。だが、見てのとおり下げはレジスタンス・ゾーンの下辺付近で止まり、株価は一転してまたレジスタンス・ゾーンの上限に戻って来た。

日足チャートに移ろう。




1が一時的にゾーンを突破した場所。ここ一週間ほど、上辺の直ぐ下で横ばいしている様子がよく分かる。

ひょっとすると、バンク・オブ・アメリカはAB=CDを形成している可能性がある。日足チャートを拡大してみよう。



目標株価のDを計算すると17ドル81セントになる。(Aの安値は10ドル90セント、Bの高値は15ドル31セント、Cの安値は13ドル40セント)このまま15ドルの下でモタモタされるのは困るが、来週早々にBの高値を突破できるかに注目したい。


(情報源:B. of A. technicals acting like a rally is near

買いたい株が多すぎる!--- 友人の話

イメージ

フォトジャーナリズム

第135回ウエストミンスター・ケンネル・クラブ・ドッグ・ショーの模様です。

会場はニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン。最高の座を競って、2500犬が参加したそうです。

Best of the best: 135th Westminster Kennel Club Dog Show(全34枚)

マーケットは天井の形成中??

イメージ

アメリカは既に敗けた --- 揺らぐ自信

イメージ
今日、世界をリードする経済大国はどの国だろうか、と聞かれたら皆さんは何と答えるだろうか?今月2日から5日にわたり、米国に在住する18歳以上の1015人を対象に行われたギャラップ社の調査によれば最も多かった回答は中国だ。



上が調査結果を示したグラフ、そしてこれが質問だ。「次の国の中で、世界をリードする経済大国はどれだと思いますか? アメリカ合衆国、欧州連合、ロシア、中国、日本、インド」

回答: 中国 52%、アメリカ 32%、日本 7% (2000年、アメリカの回答は65%、中国は10%、そして日本は16%だった。) 

リディア・サード氏(ギャラップ社)は、こう書いている。

急成長する経済を反映して、中国が他を大きく引き離して一位となった。しかし、当社が保有するデータを調べて言えることは、GDPの面では相変わらずアメリカが世界一だということを知らないアメリカ人も多いようだ。明らかに弾みのある中国の経済成長率、アメリカから中国へ流出し続ける仕事(アウトソーシング)、そして膨大なアメリカの国債を保有する中国といった要素が、今回の調査に多分に影響したようだ。 ロケットのように急速に伸びる中国の経済は、アメリカの手ごわい相手になる、ということに疑問を感じる人たちは少ない。しかしそれだけでなく、大多数のアメリカ人はアメリカは既に中国に敗け、向こう20年間で状況を逆転させることは無理だと思っている。
4位から6位までの結果も記しておこう。

・4位: 欧州連合  3%

・5位: ロシア    2%

・6位: インド    1%


(情報源: China Surges in Americans' Views of Top World Economy

待てない買い手たち

イメージ

無知な投資家はウォール街の餌食になるだけだ!?

イメージ

チャートパターン NR7の話

イメージ

アドバイザーも強気、個人投資家も強気

イメージ
・最新のデータによれば、強気を唱える株アドバイザーたちの数が、52.7%から53.7%に上昇にした。これで12週間連続で、強気アドバイザーの数は、弱気アドバイザーの数を30%以上上回る展開だ。 --- Pragmatic Capitalism


上のチャートには、強気アドバイザーたちの数が示されている。上の赤い線は超強気レベル、そして下の赤い線は超弱気レベルを表す。Pragmatic Capitalismによれば、株アドバイザーと同様に個人投資家たちも買い気満々だ。皆が皆強気なわけだから、そろそろ利食いの売り物に気をつけたい。


・200以上の主要ETF(上場投信)を追っているが、現在75%を超えるETFが50日移動平均線より上で推移している。低迷するETFが少ない状態だが、最近冴えないETFを調べてみると新興市場関連のものが目立つ。--- Bespoke Investment Group


上は、50日移動平均線より2%以上下で推移しているETFだ。インド、ブラジル、中国、BRIC、と以前の人気ETFが低迷している様子がよく分かる。


・過去5ヶ月間を振り返ってみると、国債市場は明らかに動揺している。CRB指数(商品先物指数)はインフレ圧力をほのめかし、この5ヶ月で国債は13%も下落している。--- アーサー・ヒル氏(stockcharts.com)



下降する赤い線が国債、そして上昇する黒い線がCRB指数。


(情報源: Bonds Spooked as 30% CRB Surge Points to Inflation

Emerging Markets Not Participating in Global Rally

INVESTOR’S INTELLIGENCE: BULLS ARE BACK

アメリカでファストフード・レストランが最も密集している市はどこ?

イメージ

株式市場とツイッター

イメージ

とにかく買え、ここで売るのは間違いだ!?

イメージ
どんな言葉を使ったらマーケットを適切に表現することができるだろうか?「信じられない」、「行き過ぎだ」では言い足りない。全く最近のマーケットはこの世の物とは思えない。--- スコット・ブライヤー氏(CREATECAPITAL)

プロも呆れ返る好調なマーケットが展開されている。下はS&P500指数の月足チャートだ。




単純にAB=CDが形成されていると仮定すると、Dの目標値は1563.92となり、ほぼ2007年の高値と一致する。もちろん、当然のことながらマーケットには心配材料もある。マーク・ハルバート氏は、こんな一例をあげている。

株投資の一方法として、企業の情報に詳しい役員、経営者、それに大株主たちの売買動向を見ながら投資するというやり方がある。これらの人々は一般にインサイダーと呼ばれ、自社株の売買をSEC(米証券取引委)に、速やかに報告することが法律によって義務付けられている。 Vickers Weekly Insider Reportの調べによれば、過去40年間を振り返ると、インサイダーによる自社株売りと買いの平均比率は2対1から2.5対1で売り株数が優勢になる。一ヶ月半前、12月の中頃、この比率は7.07対1。その後マーケットは好調な展開になっているが、1月21日の数値は更に売りが増え7.74対1という結果だった。
こんなに強いマーケットだというのに、企業の内情に詳しい人たちは平均を大きく上回るペースで持ち株を処分している。言うまでもなく、Vickers Weekly Insider Reportは現時点での買いを避けることを勧め、ポートフォリオの81%が現金で占められている。

こんな書き込みがあった。

「事情に詳しい内部関係者も何も分かっていないのだ。連銀の超低金利政策はそう簡単に終わることはなく、株はまだまだ上がる。紙幣の印刷機を持っているのは連銀であり、投資家は連銀に逆らってはいけない。」(ShowMezDaMoneyさん)


(情報源:Those bearish insiders

狙いは日本の小型株

イメージ
(情報源: What not to buy


ますます売りが顕著になった米国の国債

イメージ

週末のコメントから --- 空売りの基本ルール

イメージ
・ 心配なのは中東情勢であり、言うまでもなく引き続き監視する必要がある。単にエジプトは産油国だから重要だ、といった見方をするのではなく、混乱が他の地域へ広がっていることに注意を払いたい。--- マイケル・ゴールト氏(Weiser Capital Management)

・ もう2年ほど前から、私はCNBCの皆さんにインタビューされる度に言ってきたことだが、食品価格は爆発的に上昇する。全てが窮乏している。農業に従事する人も不足状態だ。--- ジム・ロジャーズ氏(著名投資家)

・ 株、ミューチュアルファンド、商品、不動産、と色々な投資があるが、投資をする場合最も重要なのは値段だ。単純な例をあげよう。あなたはデパートに行ってコートを350ドルで買った。そして翌日、早速コートを着て仕事に行くと、友人もあなたと全く同じコートを着ている。しかし、友人がそのコートに払った金額は200ドルだった。明らかに、あなたは割高な買い物をしてしまったのだ。--- マーク・りディックス氏(投資アドバイザー)


そして下記は、バリー・リットホルツ氏があげる、株を空売る基本的なルール。

1、弾みのついた勢いのある株の空売りは危険。あなたがスーパーマンなら話は別だが、高速で走る電車の前に立ちはだかるのは危険だ。 

2、割高だ、という理由だけで空売ってはいけない。マーケットの歴史が教えてくれることは、割高な株は更に割高になる傾向がある。 3、空売る前に、必ずどこで損切るかを決めておくこと。 4、ファンダメンタル要素だけで株を空売ってはいけない。空売る前に、テクニカル分析もすること。 5、逆張りは難しい。先ず、大衆の動きが間違っているかを確かめること。そして、大衆が自分たちの行動が間違っていたことに、うすうす気が付き始めているかどうかを確かめること。 6、買われすぎた銘柄を選ぶこと。例えば、浮動株の95%が機関投資家によって保有され、過去数年間で700%も上がっているような株だ。 7、皆に空売られている株は避けること。 8、単に空売るだけでなくオプションも活用して利益を高める。

(情報源:Rules for Shorting

Jim Rogers Tells CNBC To Change Its Name

学歴と失業率

イメージ

ウォール街のアドバイスは資産を減らす!?

イメージ
ウォール街のプロたちの意見を聞くべきだろうか?もっと長い質問をすれば、私たちはウォール街のプロたちの意見を真面目に聞くべきだろうか、単に聞き流すべきだろうか、それとも最初から無視するべきだろうか?今さら答えが分かりきったことを質問するな、と言われる人も多いと思うが、ウォール街の内情を知っているマイケル・ルイス氏の話を聞いてみよう。

株式市場は、個人投資家たちが不利になるように操作されている、と必ずしも結論することはできない。しかし、ウォール街のブローカーたちの意見は、あなたのためになるよりならない確率のほうが高い。顧客とウォール街には、利益の衝突が最初から存在している。機関投資家や個人投資家には、ウォール街のトレーダーたちが売買している株が推奨されるわけだが、トレーダーと反対側に立つ投資家たちが利益を上げるのは難しくなる。私たち個人投資家は慎重に、そしてウォール街の意見には耳を傾けるべきではない。
実際にルイス氏は、証券会社のアドバイスで痛い目にあっている。

家族の紹介で、私にはメリルリンチに口座があった。アドバイザーに説得され、引退後に備えた資金の一部を勧められたものに回した。もちろん、私にとって失いたくない資金だ。投資したものは高利回りのリーマン・ブラザーズの優先株とオークション証券。もちろん、皆さんもご存知のように2008年のメルトダウンでリーマンは破綻し、優先株はゼロ、そしてオークション証券は取引が不可能になってしまった。
「 家族の紹介で、私にはメリルリンチに口座があった」、ということだが、これと似た失敗談を時々聞くことがある。〇〇さんの紹介で、〇〇さんのところで投資したのだが損をしてしまった。〇〇さんが、とても良いアドバイザーだと言うから信用したのに、なんだ結局ダメじゃないか。。。

そしてルイス氏は、当たり前だと言われる人もいるだろうが、理解できないものに投資しないことを勧める。例をあげれば、ルイス氏の痛い思い出となったオークション証券だ。いきなりオークション証券と言われても、何のことなのかよく分からない。それに私たちにはヘンなプライドがあるから、アドバイザーの説明を一度聞いただけで、さも納得したような顔をしてその投資に同意してしまう。今思えば、いったい何パーセントの投資家たちが、サブプライム証券を理解して投資したのだろうか?





(情報源: How &quo…

マクドナルドとスターバックスの共通点

イメージ

投機熱が上昇する米国株式市場

イメージ