中国が世界最大の経済パワー?? --- 月曜のコメントから

・ 投資家たちは、まるで全ての米国地方債が問題を抱えていると思い込んでいるようだ。--- ロン・シュウォーツ氏(RidgeWorth Investments) (先週、米地方債を専門に投資するミューチュアル・ファンドから流出した金額は40億ドルに及び史上最高額を記録した。)

・ ここ数ヶ月間にわたって米地方債が大きく売られ利回りが上昇した。なかなか高利回りな投資が見つからない世の中だけに、この地方債の利回りは、そろそろ投資家たちに注目されることになるだろう。--- ポール・サイモン氏(Tactical Allocation Group)


腹立たしくなる経済ニュースとして、theeconomiccollapseblog.comはこんなものをあげている。

・ 家計のやり繰りに米国庶民は大変だ。ここ2年間で、銀行や証券会社から引き出された金額は、銀行や証券会社に預けられた金額を3110億ドルほど上回っている。

・ 2010年、ゴールドマン・サックスが社員に支払った年俸やボーナスの合計額は150億ドル。

・ 2010年、家賃を払えなくなりホームレスとなった米国家族数は史上最高に達した。

・ 減る内容量。例えば、サンドイッチ用のクラフト社のチーズは以前より2枚少ない。1ロールあたりのスコット・トイレットペーパーは、以前より9%少ない。値上がりしていないから何とも思わない人が多いが、実際は大幅な値上げに等しい。

・ たった35%のアメリカ人が、3ヶ月以上の生活費に相当する預金がある。

・ 47%のアメリカ人は、中国が世界最大の経済国家だと思っている。

・ 政府が言うように、米国の銀行システムが健全であるなら、なぜ問題を抱える銀行数は増え続けているのだろうか。

・ 米国市民が抱える学生ローンの残高は史上最高の8840億ドルに達した。

・ 2011年、米国の12州政府は増税を実施、または増税の計画をしている。

・ 1976年以来、米国は毎年貿易赤字を記録している。

・ 経済成長に必要なのは自由な環境だ。しかしオバマ政権のしていることは正反対の、更なる規制で企業を縛ることだ。現にオバマ政権はユニバーサル・インターネットIDなるものを提案し、全ての人々のインターネット上での行動を監視しようとしている。






(情報源:Headline Risk Drains Mutual Funds

Economy News Nightmare

コメント