新年にあたり、トレードに関する10項目

明けましておめでとうございます。元旦になると、「新年の抱負」という言葉が直ぐに頭に浮かんできます。株や為替をトレードしている人なら、「毎日500ドルの利益を上げること」、「他のトレーダーやアナリストの意見に頼らないこと」、「一定の損が出たら必ずポジションを処分すること」、と色々な誓いがあることと思います。

新しい年を始めるにあたり、ここで初心に戻ってみる、というのも悪くありません。「新トレーダーへのアドバイス」、という12月30日付けのブログを見つけたので、さっそく抜粋してみたいと思います。

1、トレードは難しい、極めて難しい。なぜ95%のトレーダーは失敗するのか、その理由を考えてほしい。
2、失って困る金でトレードしないこと。間違っても生活費をトレードに割り当ててはいけない。
3、必ず勝てるトレード方法など存在しない。100%勝てる手法など有りえない。
4、マーケットは常に正しい。マーケットは、あなたの意見など聞かない。
5、ここが天井だ、ここが底だ、とそんな無意味な予想に時間を使うな。
6、短期間で株が50%も下げたからといって、それだけの理由で、その銘柄を割安と判断してはいけない。
7、損を出すたびにイライラしてはいけない。重要なことは冷静になって失敗から学ぶことだ。
8、損が出ている株を買い足してはいけない。それは損額を拡大させる最も簡単な方法だ。
9、必ず次のチャンスが訪れる。過去のトレードに執着しないこと。
10、自分の行動に責任を持て。失敗は他人のせいではない。







(情報源:Advice for new traders

コメント