ブラック・フライデー、年末のショッピング・シーズン開幕

木曜は感謝祭、そしてその翌日の金曜、いよいよクリスマスのショッピング・シーズンが始まる。このショッピング開幕日の金曜は「ブラック・フライデー」と呼ばれ、早朝4時に店を開けるところも多い。話によれば、TJマックス(たぶん、そうだったと思う)は衣料や家庭雑貨専門の店であるにもかかわらず、iPad(100ドル割引)を特別に用意してブラック・フライデーの客集めをするらしい。

わざわざ混雑するところへ行くのが嫌だから、私はブラック・フライデーに買い物をしたことはない。正確に言えば、バーゲン商品を狙って、朝4時前に店の前にできた列に並んだことは一度もない。(どこの店だったか忘れてしまったが、列に並んでいる客のために、簡単な朝食を用意したところがあった。)

CNNマネーに、毎年ブラック・フライデーで買い物をする人たちの話が載っている。どうやったら、この混雑する日に効果的な買い物ができるだろうか。いくつか見てみよう。

・ タラ・オブライアンさん: 列に待っているとき寒いけど、コートは車の中に置いてくること。開店と同時に素早く店に駆け込むためには重いコートは邪魔。
・ エリック・カウリーさん: 妻と息子の協力を得ること。こうすることで、開店と同時に3店で買い物することができる。
・ ローリー・カニングハムさん: 今年は折り畳みができるカートを持参しようと思っている。
・ エリカ・サンズベリーさん: 6歳の子どもを持つ母親なら、先ず最初に行くのはトイザらス。他のディスカウント店では手に入れることができないオモチャを買うことができる。
・ コートニー・トンプキンさん: 私が買い物をしている間に、妹を会計レジの前に並ばせておくこと。こうすることで素早く支払いを済ませることができる。

こんな書き込みがあった。「ブラック・フライデーには買い物に行かないで寝ていることだ。もし誰も買い物に来なければ、小売店は狼狽して、素晴らしいバーゲン・セールをしてくれるだろう。」(スティーブ・ラーソンさん)

報道によれば、今年見込まれるブラック・フライデーの週末の買い物客数は、去年を4%上回る1億3800万人。腹が減っては戦(ショッピング)はできぬ、という言葉があるように、多数の買い物客で恩恵を受けるのは、ショッピング・センター内のレストランだ。

どこのショッピング・センターに行っても、必ず見るのはマクドナルドだ。


マクドナルドの週足チャート

① 2008年の年末は横ばいした後ブレイクダウン。

② 2009年の年末は横ばいの後ブレイクアウト。

③ さて、今年はどうなるだろうか? 



(情報源:Secret strategies of a Black Friday-aholic

Black Friday: Restaurants Piggyback Retailers

コメント