中国、中国、中国 --- マーケット関係者のコメント

・ もし中国が本格的に金融引き締め政策を実施し、心配されている需要の減少が現実化となれば、商品市場全体が急落するだけでなく、株式市場も同様な下げとなるだろう。 --- アート・ホーガン氏(Jefferies & Co)(金曜、中国上海総合指数は5.15%の大幅下落となった。)

・ 1年、2年前とは状況が違う。中国からの需要が少し減ったとしても、中国が消費する商品が膨大であることに変わりはない。銅などで分かるように、商品に大した在庫があるわけではないから、商品市場の下げは単なる一時的なものだ。--- エイドリアン・デイ氏(Adrian Day Asset Management)

・ 先日、中国が預金金利と貸出金利を25ベーシスポイント引き上げたことで分かるように、金融引き締め政策が実施される可能性は既に示されていた。急速に伸びる経済にインフレ懸念が伴うのは当然なことだ。--- フィリップ・イシャウッド氏(Evolution Securities)


チャート:businessinsider.com

赤(PPI): 中国の生産者物価指数

青(CPI): 中国の消費者物価指数


・ 近代経済が始まって以来、中国ほど豊かであり(世界第2位の経済国家)、中国ほど貧しい国(国民一人あたりのGDPはアルバニア共和国以下)はない。私たちは、貧しい国による保護貿易主義、為替操作を大目に見ることはできる。しかし、豊かな国家による保護貿易主義、為替操作は許すことはできない。これが中国の持つ矛盾だ。--- ジョー・ワイセンタル氏(businessinsider.com)

・ G20の席上で、アメリカは中国の為替操作を訴えているが、私たちはこの驚異的な中国の生産性に注目するべきだ。--- タイラー・ダーデン氏(zerohedge.com) (下の動画には、中国・湖南省の省都に15階建てのホテルが建設された模様が映し出されている。驚くことに、このホテル建設に要した時間は、たったの6日間だ。)




・ 中間選挙、決算発表、追加量的緩和が終わり、投資家たちは状況を見直す必要に迫られた。ここに来て、投資家たちは欧州ソブリン債問題を、あまりに楽観視していたことに気がついたようだ。--- カール・ミルズ氏(Jurika Mills & Keifer)

・ 投資家たちは第3四半期の決算結果を消化し終わり、またマクロ経済のことを心配し始めた。--- ベニー・ロレンゾ氏(Kaufman Brothers)



(情報源:One Sentence That Explains The Whole China Problem

Dow Curbs Losses on China Rate Fears

China worries spur sell-off on Wall Street

Stunning Time Lapse Video Of China Completing 15 Story Hotel In 6 Days)

コメント