どうやったら株式市場全体に投資することができるだろうか?

株の選び方を教えてください、と聞かれたら、皆さんはどのように回答するだろうか。マネー誌はこう答えている。

質問: 大学を最近卒業して就職したばかりです。株に投資をしようと思い、早速オンラインの証券会社に口座を開設しましたが、どの株を買ったらよいかが分かりません。銘柄の選び方を教えてください。
マネー誌の回答:
たった一銘柄を買うのではなく、何千もの株に投資するべきです。

とこの最初の一行を読んだ時点で、株専門のミューチュアルファンドの推薦だな、と思った。マネー誌の回答に戻ろう。

そんなに沢山の銘柄を買うより、一つの有望な株に投資をした方が良いと思われるかもしれませんが、多数の銘柄を買うことで投資リスクを下げることができます。株投資には、いくつかのリスクがありますが、注意を払いたいのは次の二つです。
システマチック・リスク: これは単にマーケットに参加するだけで起きるリスクです。全ての銘柄は、マーケット全体の動きに左右されます。マーケットが上昇する場合、マーケット以上に上昇する銘柄があり、逆にマーケットが下落する場合、マーケット以上に下げる銘柄があります。これはベータと呼ばれ、個々の銘柄のベータはヤフーなどのサイトで調べることができます。
個別銘柄リスク: これは、それぞれの銘柄に伴なうリスクであり、マーケット全体の動きによって生じるリスクではありません。例をあげれば、新製品の売上は不調だった、会計上に疑問ありといったものです。
上記のリスクを軽減させるためには、資金を分散させることです。最も簡単な方法は、株のインデックス・ファンドに投資することです。こうすることで、あなたはマーケット全体を買うことができます。言い換えれば、インデックス・ファンドを買うことで、指数を形成する銘柄の全てに投資することが可能になります。

おっと、完全に外れではなかったが、答えは株専門のミューチュアル・ファンドではなくインデックス・ファンドだった。下記は、野村證券のサイトに掲載されているインデックス・ファンドの説明だ。

インデックスファンド: 日経平均株価やTOPIX(日本)、S&P500(米国)のような平均株価指数(インデックス)とそのファンドの基準価格が同じ値動きをすることを目指す運用をするファンド。
投資家は個別の銘柄よりも、その市場全体(例えば日本株式市場全体)に投資する意味あいが強い。基本的には、ファンドの構成銘柄をそのインデックスの構成比に合わせて組入れることにより運用を行なう。銘柄選択のために大量の情報を収集する必要もなく、銘柄入れ替えの頻度も、ファンドマネージャーが積極的に運用するファンドに比べ低くなるので、ファンドの運用コストは低くなる。1971年に米国で最初に開発され、その後米国では企業年金を対象に、この考え方が急速に普及している。








(情報源: インデックスファンド

How to pick stocks: Don't buy just one

コメント