人気経済誌の表紙は「さよならベア」

リットホルツ氏のブログに、少し考えさせられる画像が載っていた。


ritholtz.comから

投資家たちに広く読まれているバロンズの表紙なのだが、BYE-BYE, BEARと太い大きな文字で、ベアマーケットの終焉が宣言されている。

下はウィキペディアからの抜粋だ。

雑誌表紙指標 (Magazine cover indicator)
特にテクニカル・アナリストたちが重要視するが、米国の主要経済誌、例えばビジネス・ウィーク、フォーチュンなどの表紙は逆指標になる傾向がある。
有名なのは、「株は死んだ」と大きく書かれた1979年のビジネス・ウィークの表紙だ。70年代は株が全体的に低迷し、記事が書かれた時のダウ指数は800だった。しかし、この記事が書かれた1979年が転換点になり、株式市場にはブルマーケットが到来した。

リットホルツ氏のブログに、読者たちはこんなことを書き込んでいる。

・ まだまだ心配材料はある。AAIIの発表によれば、強気と回答した個人投資家は51.23%、弱気と答えたのは21.60%。プット・コール・レシオは0.87、それにS&P500指数に属する銘柄の74%が50日移動平均線より上で推移している。(StatArbさん)
・ 空売りだ!(MayorQuimbyさん)

thestreet.comのオンライン意見調査を見てみよう。

・ 質問:あなたは今週の相場に、どんな姿勢で臨みますか?
回答:
強気 50.39% (129票)
弱気 39.45% (101票)
中立 10.15% (26票)

・ どのセクターが買われると思いますか?
一番多かった回答は19.84%(51票)の貴金属。

・ どのセクターが売られると思いますか?
一番多かった回答はの銀行と貴金属。両者とも同数値の15.56%(40票)。



(情報源:Uh-Oh: Barron’s Cover “Bye Bye Bear”

Magazine cover indicator

POLL: Bull or Bear?

コメント