投資テーマになったレアアース

米資源モリコープ、レアアース生産再開へ資金調達拡大 (2010/10/25 2:00日本経済新聞 電子版)
米資源中堅のモリコープは2012年からのレアアース(希土類)生産再開に向け、資金調達を拡大する。仏金融大手BNPパリバと最大1億5千万ドル(約120億円)の融資枠設定などに関するアドバイザリー契約を結んだ。レアアースの世界生産量で9割超のシェアを持つ中国が輸出管理を強化する中、資源確保に向けた資金の手当てを急ぐ。

(モリコープについては、このブログも参照してください。)

下がモリコープ(MCP)の日足チャートです。




最近の動きを見てみると、20日平滑移動平均線が、サポートになっているようすがよく分かります。この移動平均線付近には、少なくとも三つの他のサポートも隠れています。




1、以前の抵抗線が支えになった。

2、上昇する短期トレンドライン(赤)がサポートになった。

3、横線は、株価レベルにおける出来高を示す。出来高の突出したところがサポートになる傾向がある。

ということで、こんな買いを計画している人が多いことでしょう。




1、金曜の高値突破で買い。

2、チャンネルの上辺で利食い。

3、株価が反対に動いてしまった場合は、金曜の安値割れ、またはチャンネルの下辺割れで損切りをする。


(情報源:米資源モリコープ、レアアース生産再開へ資金調達拡大

Molycorp seeks $150 million facility for upgrades

コメント