海外で製造されるアメリカを象徴する製品

・ 大リーグで使用されている硬球

1887年、セントルイスで創業したローリングス社は、硬球製造工場を1969年にハイチへ移した。(その後工場はコスタリカに移動している。)





・ ガーバー・ベビーフード

1927年にミシガン州で創業し、1994年、スイスの製薬会社ノバルティスと合併した。そして2007年、世界最大の食品会社ネスレにガーバーは買収された。






・ コンバース・シューズ

1908年、コンバースはConverse Rubber Show Companyとして、マサチューセッツ州でビジネスを開始した。2001年、米国の工場は閉鎖され、現在はインドネシアで製造されている。





・ マテル社の玩具

バービーなどで知られるマテルが最後に米国内で玩具を製造したのは2002年。現在、マテル社の玩具の60%以上は中国で製造されている。





・ ミニバン

最後に米国内でミニバンが製造されたのは2003年。





・ リーバイス

2003年、米国の工場が閉鎖され、現在は中南米とアジアの国々で製造されている。





・ テレビ

現在アメリカでは一台のテレビも製造されていない。2004年10月、Five Rivers Electronic Innovations 社が倒産し、米国からテレビの製造工場が消えた。





・ 携帯電話

2008年、全世界で販売された携帯電話数は12億にのぼるが、米国で製造されたものは一つもない。最後に米国内で携帯電話が製造されたのは2007年。





・ デルコンピュータ

2010年1月、ノースカロライナ州のPC工場が閉鎖された。現在デルコンピュータはアジアで製造されている。






(情報源:18 Iconic Products That America Doesn't Make Anymore

コメント