マーケット関係者のコメント

・ 日銀からの発表を受けて、現在米国株式市場にはラリーが展開されている。買い材料は、米連銀も日銀と同様な決定をするだろうという期待だ。とにかく、米国投資家は日銀の発表に驚いた。ゼロ金利政策には新鮮味は無いが、声明の中には国債の買いだけでなく、日銀によるETFやREITの買いといった内容が含まれている。要するに、日銀は株の投資家になろうというわけだ。この日銀のニュースでドルが売られている。もし連銀も日銀のように株を買うなら更にドル紙幣を刷らなければならない --- ボブ・ピサニ氏(CNBC)

・ 日銀のニュースで、株、債券、商品、そして貴金属が買われている。とにかく、日銀は何でも買ってやろうという訳だから、正に究極の量的緩和政策だ。まるで日銀は、円の価値などどうでもよい、といった態度だ。--- ジョー・ワイセンタル氏(Business Insider)

・ 連銀の量的緩和政策は何も解決していない。この政策は世界経済の混乱を引き起こしただけだ。--- ジョセフ・スティグリッツ氏(コロンビア大学教授)

・ 米国経済には、速いテンポで回復できる条件が既に揃っている。企業は膨大な現金を抱え、消費者のバランスシートもだいぶ良くなっている。ここで重要なことは、連銀や連邦政府からの、米国経済は間違いなく回復できる、という強い発表だ。 --- デイビッド・ケリー氏(JPMorgan Funds)

・ 株式市場の上昇は今月も続く。正に量的緩和政策パーティーだ。--- ピーター・ブックバー氏(Miller Tabak)

・ 歴史を振り返ってみると、株式市場が最も好調なのは第4四半期だ。ダウ指数は平均で5%ほど上げている。好調な先月のマーケットを受け、今月そして第四半期は、強いマーケット展開になりそうだ。 --- ライアン・デトリック氏(Schaeffer’s Investment Research)

・ ドル安は米株に好影響だ。 --- アーサー・ヒル氏(stockcharts.com)

・ 米国債10年物の利回りの下降は終わった。ここからは株の方が魅力的だ。--- フランセスコ・ガーザレリ氏(Goldman Sachs)






(情報源:Why We Should Worry About Stock Rally 

Bank of Japan Reverts to Zero Rates in Surprise Move

コメント