退職を遅らせるビジネス・オーナーたち

米国の世論調査で有名なギャラップ社が、スモール・ビジネスのオーナーたちに、こんな質問をした。

・ 何歳で退職する予定ですか?

解答:

・ 65歳またはそれ以上 69% (2007年の数値は52%、2005年は41%だった。)

・ 60歳から64歳 21% (2007年の数値は27%、2005年は25%だった。)

・ 60歳未満 11% (2007年の数値は21%、2005年は30%だった。)

更に、景気後退が始まる以前の2007年時点では、ほぼ80%のスモール・ビジネスのオーナーたちは退職後の資金は十分に蓄えられていると答えていたが、今日その数値は66%以下に減少している。


さて、CNNにCan you retire early?(あなたは早期退職できるでしょうか?)、と題されたセクションがある。(http://cgi.money.cnn.com/tools/retireyoung/index.html)




1、あなたの年齢を選ぶ

2、あなたの年収をドル換算で入れる (ここでは7万5000ドル(約622万円)を例に使った)

3、Get Resultをクリックする。

こういう結果が表示される。




重要なのは赤で囲った部分になる。現時点で、あなたには既に12万ドル(約996万円)の貯蓄がなくてはならない。

次に年齢を50歳から54歳に設定して、上と同じ年収で調べてみた。




見てのとおり、既に63万7500ドル(約5291万円)が貯蓄されていなければならない。

正に、若いうちに老後のための投資をスタートすることが、いかに大切かを教えてくれる数字だ。特に、退職金をあてにできない起業家は、老後のための投資が尚更重要であることは言うまでもない。


(情報源:Nearly Half of Small-Business Owners May Never Retire

コメント