製造業が消え行くアメリカ、いくつかの具体例

(businessinsider.comから抜粋)

・ 2001年以来、米国は約4万2千400の工場を失った。

・ 中国進出に力を入れる大手パソコンメーカーDellは、向こう10年間にわたって、1000億ドルを超える中国市場への投資を計画している。

・ Dellは、ノース・カロライナ州にあるコンピュータ製造施設の閉鎖を発表した。この施設は、Dellが所有する最も大きな施設の一つ。この結果、約900人の従業員が職を失う。

・ 2008年、全世界で販売された携帯電話の数は12億台にのぼった。このうち、何台が米国内で製造されただろうか?正解はゼロだ。

・ 2000年10月以来、米国内の製造業に従事する人の数は約550万人減った。

・ 1999年から2008年の間に、海外に点在する米国企業の子会社で働く人たちの数は30%の大幅上昇になり、その数は110万人に達した。

・ 1959年、製造業が米国経済を占める割合は28%だったが、2008年、その数値は11.5%に減少している。

・ フォード・モーターは、ミネソタ州セントポールにある工場の閉鎖を最近発表した。この工場ではFord Rangerが生産されている。


Ford Ranger


・ 2000年以来、米国内製造業界から32%の職が失われた。

・ 2001年、米国の高速インターネット普及率は世界第4位だった。しかし今日、米国は第15位に後退している。

・ 2010年、米国内のコンピュータ製造施設に従事する人の数は、1975年の数値より低い。

・ 今日4360万人の米国人は貧困レベルの生活をしている。存在する過去51年間のデータを調べてみると、この数値は史上最高になる。



(情報源:19 Facts About The Deindustrialization Of America That Will Make You Weep

コメント