連休の週末

月曜は「労働者の日」でアメリカは祭日です。marketwatch.comは、アメリカのテレビ史を振り返って、労働者階級を舞台にした人気番組トップ10を挙げています。

1、The Honeymooners(1955年-1956年)


写真:marketwatch.com



2、All In The Family(1971年-1979年)


写真:marketwatch.com


3、Sanford & Son(1972年-1977年)


写真:sharetv.org


4、Roseanne(1988年-1997年)


写真:series-80.net


5、Married With Children(1987年-1997年)


写真:tehparadox.com


6、The Simpsons(1990年-現在も放映中)


写真:popcrunch.com


7、The Fugitive(1963年-1967年) 主人公リチャード・キンブルは、逃走中に様々なブルーカラーな仕事をしたということで、この番組も労働者階級を舞台にした人気番組になると説明されています。 


写真:marketwatch.com



8、Laverne and Shirley(1976年-1983年)


写真:comcast.net


9、Open All Night(1981年-1982年)

10、Homefront(1991年-1993年)



(情報源:Top 10 working-class TV series for Labor Day viewing

コメント