ウォーレン・バフェット語録




・ 先ず第一のルールは資金を無くさないこと。第二のルールは第一のルールを忘れないこと。

・ 私がより良い投資が出来るのは、私がビジネスマンだからだ。私が優れたビジネスマンになれたのは、私は投資家ではないからだ。

・ 重要なことは飛び抜けた企業を適正な値段で買うことであり、適正な企業を飛び抜けた値段で買うことではない。

・ ロケット科学者になる必要はない。投資は、知能指数が160ある人は、知能指数が130の人より優れた成績をあげることができるといったゲームではない。

・ 時間は優れたビジネスの強い味方だ。しかし、時間は凡庸なビジネスには敵になる。

・ 潮が引けば誰が裸で泳いでいたかが分かる。

・ 投資家が覚えておくべきことは、興奮と経費は敵になるということだ。皆が躍起になって買おうとしているときは恐れを感じるべきだ。反対に、皆が恐れを感じているときは貪欲に買うべきだ。

・ 優秀な経営陣を持つ素晴らしい企業に投資した場合、私の保有期間は永久だ。

・ 全ての球を振る必要はない。好きな球が来るのを待つことだ。しかし、ファンドマネージャーにはそれが出来ない。ファンたちは、全ての球を振ることを要求している。

・ 靴下を買う場合でも株を買う場合でも、私は質の高いものを割安な値段で買うことが好きだ。

・ 私のやり方は、変化するものから利益を上げるのではなく、変化しないものから利益を上げている。例えば、リグリーのガムだ。この変化の無さに私は魅かれた。

・ 偉大な企業が一時的なスランプに陥ることがある。これは絶好な投資チャンスだ。



(情報源:The 15 Best Things Warren Buffett Has Ever Said About Investing)

コメント