世界第2位の国家は水不足

CNNは中国が世界第2位の経済国家になったことを大々的に報道し、これで中国の存在感が、ますます強力になった。



このニュースで思い出したのは、14日(土)のトニー・サガミ氏のレポートだ。

中国は巨額な資金を水道プロジェクトに投入している。なぜなら、90%の地下水、そして70%の河川や湖が汚染されているためだ。中国の人口は世界総人口の20%を占めているが、中国に存在する新鮮な水は、全世界に存在する新鮮な水のたった7%に過ぎない。

ということでサガミ氏は、水をテーマにした3銘柄を推薦したのだが、その一つDuoyuan Global Water Inc. (DGW)が月曜のマーケットで10.77%の大幅上昇となった。下が日足チャートだ。




膨大な出来高(1)を伴って、レンジ(2)を力強くブレイクアウトした。形成された陽線も巨大だ。押し目買い候補としてリストに入れておこうと思う。(注:Duoyuan Global Water Incは18日に決算発表を控える。)



(情報源:Strike it Rich with Blue Gold

コメント