円はまだ割安!?

「まだまだ円高は続く」、とMacquarie Private Wealthのアナリスト、イブ・ラムルー氏は言う。下のドル/円の月足チャートで分かるように、2009年11月に記録した84.82円が現在テストされている。



ここまで円高が進んだにもかかわらず、ラムルー氏は何を根拠に更なる円高を予想するのだろうか?理由の一つは、日銀から発表された「金融経済月報」だ。8月11日付けの月報の23ページ目に、こんな図が掲載されている。



2005年を100として算出された「実質実効為替レート」だが、ラムルー氏はこう語っている。

現在の位置に注目してほしい。2が円高、3が円安を示し、現在のレベルは円高というより円安に近い。円は1988年、1995年、または2000年に記録したレベルまで上昇する可能性がある。もちろん、だからと言って、今直ぐに円を買うことを勧めているわけではない。最近の円急騰を考えれば、とうぜん一時的な調整が起きる。この調整を利用して、良い買いタイミングをつかみたい。



(情報源: 金融経済月報

Why 20 Years Of BoJ Failure STILL Makes The Yen A Great Buy

コメント